注目商品

パシフィックメディコ  バッテリ内蔵型吸引器「tote CUBE-vac」

パシフィックメディコ  バッテリ内蔵型吸引器「tote CUBE-vac」

 パシフィックメディコ(東京都文京区、片平俊治社長)は吸引器「tote CUBE-vac」の内蔵バッテリにニッケル水素電池を採用した「tote CUBE-vac」の販売を開始した。

 平均駆動時間は従来の3倍となる90分に改良した。停電発生時でも使用できる安心設計で交直両電源とあわせて3電源に対応でき在宅から救急まで使用環境は広い。

 サイズは幅36×奥行17×高さ18cmとコンパクトで持ち運びに便利で、周辺の電気機器等と電磁的な干渉を起こしにくいEMC適合製品であり航空機内へ持ち込むことも可能。

 付属のリモートスイッチは電源のON・OFF操作を手元で行え、車いすやストレッチャーに搭載して使用する場合でも患者から目を離さずに操作ができる。

 ピストン式シングルポンプを搭載し吸引圧はマイナス70kPa、排気流量は毎分30L。重量約3.9kg。

 価格は12万円(税込)。

 問合せは同社(☎03・5844・3507)まで。

(シルバー産業新聞2011年9月10日号)

関連する記事