注目商品

フランスベッド 超低床「フロアーベッド」 レンタル開始

フランスベッド 超低床「フロアーベッド」 レンタル開始

 フランスベッド(東京都新宿区、池田茂社長)は超低床電動介護ベッド「フロアーベッド」のJIS規格認証を取得し、介護保険のレンタルを開始した。

 ベッド最低高11㎝を実現し、電動ベッド用マットレスを敷いても床高は17㎝になるため、布団に慣れた高齢者も安心してベッド利用ができるのが特長。ベッドからの転落事故を軽減するとともに、昇降機能を活用して立ち上がりの補助や介護負担の軽減を図ることもできる。

 ヘッドボードとフットボードをそれぞれ取り外すことができるので、頭部や脚部から介護ができる。安全対策として、ベッド下降時の足などの挟み込みを防ぐため、利用者の手元スイッチではボトム面高さを24㎝より下げることができず、介護者用の別スイッチを用いてベッドを最低高まで下降させる仕組みを採用している。

 サイズは幅103㎝×奥行214㎝×高さ70.3~120.3㎝(ボトム面の高さ61~11㎝)。重量62㎏。背上げ・脚上げ機構。安全使用荷重135㎏。レンタル価格=月額1万4,400円(利用者1割負担1440円)。販売価格39万5,000円(本体価格)。

 問合せは同社(☎0120・083・413)まで。


(シルバー産業新聞2014年7月10日号)

関連する記事