【特設】web展示会

グッドツリー「ケア樹Free」

グッドツリー「ケア樹Free」

 全国2300事業所で導入されているクラウド型介護ソフト。各居宅サービス、施設・居住系など19サービスのほか、介護予防・日常生活支援総合事業やサービス付き高齢者向け住宅などにも対応している。

ランニングコストを抑えた介護ソフト

 最大の特長は、月額システム利用料無料などランニングコストを抑えた価格設定。例えば、特養や老健、特定施設などの場合、導入費用は64万1800円(税抜、以下同)だが、2年目以降の費用はサポート料込みで年間14万1800円。訪問介護や通所介護などは導入費用9万1800円、2年目以降の年間費用はサポート料込みで8万1800円。長く使うほどコスト削減に繋がるという。さらにサポートや国保連へのインターネット伝送機能を外す場合は、サービス種別に関わらず年間事務手数料9800円のみの負担に抑えることができる。

 法改正、報酬改定時も無料でバージョンアップ対応を行う。使用端末制限はなく、事業所内で何台でも使用可能。それぞれの端末から計画書作成、介護記録、請求などが行える。
見守りセンサーなど他社システムとの連携も進める

見守りセンサーなど他社システムとの連携も進める

 シンプルで使いやすい画面設計やiPad専用の介護記録アプリ(居宅介護支援、訪問介護は除く)など機能も充実。一気通貫での業務改善を図るため、他社システムとの連携も積極的に行う。コニカミノルタQOLソリューションズが提供する見守りシステムのほか、ナースコール、バイタル計測機器など、5月現在で4社のシステムと連携。異なるシステム間でもデータのやり取りができることで、転記業務などの負担を削減する。

 そのほか、介護記録や連絡帳で役立つ「写真共有機能」やユニットケア施設向けの「24時間リズムシート」など、導入事業者のニーズを聞き取り、適宜システムに反映している。

 問合せ☎022・341・6380

 製品サイト https://CareTree.JP 問合せフォームからも受け付ける。

関連する記事