ニュース

【速報】居宅介護支援 2012年度 介護報酬改定単価

【速報】居宅介護支援 2012年度 介護報酬改定単価
〇基本報酬

居宅介護支援費(Ⅰ) ⇒ 現行のまま
居宅介護支援費(Ⅱ) ⇒ 現行のまま
居宅介護支援費(Ⅲ) ⇒ 現行のまま
 
 
介護予防支援費 ⇒ 現行のまま


〇自立支援型のケアマネジメントの推進

 居宅介護支援事業所の適切な運営を確保する観点から、ケアマネジメントに係るサービス担当者会議やモニタリングの実施といった基本的な業務を適切に実施していない場合の減算を強化する。

・運営基準減算

 所定単位数に100分の70を乗じた単位数 ⇒ 所定単位数に100分の50を乗じた単位数

・【運営基準減算が2か月以上継続している場合】

 所定単位数に100分の50を乗じた単位数 ⇒ 算定しない



〇特定事業所加算

 質の高いケアマネジメントを推進していく観点から、加算(Ⅱ)の算定要件を見直す。

---------------------------------------------------------------------------------------

※算定要件 (特定事業所加算(Ⅱ) 変更点のみ)

 【特定事業所加算(Ⅱ)】

・介護支援専門員に対して計画的に研修を実施していること。

・地域包括支援センターから支援が困難な事例を紹介された場合においても、居宅介護支援を提供していること。

---------------------------------------------------------------------------------------



〇入院時情報連加算(旧医療連携加算)の見直し

 医療との連携を強化する観点から、入院時の調整等の業務の手間に対し、特に医療機関への訪問により情報共有を行っている場合の評価を新たに創設する。

 〇入院時情報連携加算

  入院にあたり当該医療機関の職員と面談し、利用者に関する情報(在宅時の介護サービスの利用状況等)を提供する際業務の手間等を評価。



(現行) (報酬改定後)
医療連携加算 150単位/月 ⇒ 入院時情報連携加算(Ⅰ) 200単位/月
入院時情報連携加算(Ⅱ) 100単位/月


-------------------------------------------------------------------------------------

※算定要件

 Ⅰ:介護支援専門員が病院または診療所に訪問し、当該病院または診療所の職員に対して必要な情報提供を行った場合。

 Ⅱ:上記下線部が訪問以外の方法をとった場合。

---------------------------------------------------------------------------------------



・退院・退所加算(Ⅰ)

 入院等の期間が30日以下の利用者の退院等にあたり、当該病院等の職員と面談し、利用者に関する情報を得る際の業務の手間等を評価。

・退院・退所加算(Ⅱ)

 入院等の期間が30日を超える利用者の退院等にあたり、当該病院等の職員と面談し、利用者に関する情報を得る際の業務の手間を評価。

(現行)

退院・退所加算(Ⅰ) 400単位

退院・退所加算(Ⅱ) 600単位

※(Ⅰ)については、同一月に1回のみ算定することができる

(Ⅰ)および(Ⅱ)については、同一月に退院・退所した病院等又は施設が同一である場合には併せて算定することができない。

(報酬改定後)

退院・退所加算 300単位

※入院等期間中に3回まで算定することができる。



〇在宅患者緊急時等カンファレンスへの参加に対する評価の創設

 病院又は、診療所の求めにより当該病院又は診療所の職員と共に利用者の居宅を訪問し、カンファレンスを行い、必要に応じて居宅サービス等の調整を行った場合に評価を行う。

(創設)緊急時等居宅カンファレンス加算 200単位

※月2回に限り算定することができる。



〇複合型サービス事業所連携加算

 利用者が第一号複合型サービスの利用を開始する際に、当該利用者に係る必要な情報を当該第一号複合型サービス事業所に提供し、当該第一号複合型サービス事業所における居宅サービス計画の作成等に協力した場合に評価を行うもの。

(創設)複合型サービス事業所連携加算 300単位

------------------------------------------------------------------------------------------

※算定要件

 現行の小規模多機能型居宅介護事業所連携加算と同様。


〇基本報酬









































居宅介護支援費(Ⅰ)


現行のまま

居宅介護支援費(Ⅱ)


現行のまま

居宅介護支援費(Ⅲ)


現行のまま

 

 

 

 

 

 

介護予防支援費


現行のまま


 



〇自立支援型のケアマネジメントの推進 



 居宅介護支援事業所の適切な運営を確保する観点から、ケアマネジメントに係るサービス担当者会議やモニタリングの実施といった基本的な業務を適切に実施していない場合の減算を強化する。



・運営基準減算



 所定単位数に100分の70を乗じた単位数 ⇒ 所定単位数に100分の50を乗じた単位数



・【運営基準減算が2か月以上継続している場合】



 所定単位数に100分の50を乗じた単位数 ⇒ 算定しない



 



〇特定事業所加算



  質の高いケアマネジメントを推進していく観点から、加算(Ⅱ)の算定要件を見直す。



---------------------------------------------------------------------------------------



※算定要件 (特定事業所加算(Ⅱ) 変更点のみ)



 【特定事業所加算(Ⅱ)】



・介護支援専門員に対して計画的に研修を実施していること。



・地域包括支援センターから支援が困難な事例を紹介された場合においても、居宅介護支援を提供していること。



---------------------------------------------------------------------------------------



 



〇入院時情報連加算(旧医療連携加算)の見直し



 医療との連携を強化する観点から、入院時の調整等の業務の手間に対し、特に医療機関への訪問により情報共有を行っている場合の評価を新たに創設する。



 〇入院時情報連携加算



  入院にあたり当該医療機関の職員と面談し、利用者に関する情報(在宅時の介護サービスの利用状況等)を提供する際業務の手間等を評価。



 




























(現行)

 

(報酬改定後)

医療連携加算 150単位/月


入院時情報連携加算(Ⅰ)

200単位/月

入院時情報連携加算(Ⅱ)

100単位/月


 



-------------------------------------------------------------------------------------



※算定要件



 Ⅰ:介護支援専門員が病院または診療所に訪問し、当該病院または診療所の職員に対して必要な情報提供を行った場合。



 Ⅱ:上記下線部が訪問以外の方法をとった場合。



---------------------------------------------------------------------------------------



 



・退院・退所加算(Ⅰ)



 入院等の期間が30日以下の利用者の退院等にあたり、当該病院等の職員と面談し、利用者に関する情報を得る際の業務の手間等を評価。



・退院・退所加算(Ⅱ)



 入院等の期間が30日を超える利用者の退院等にあたり、当該病院等の職員と面談し、利用者に関する情報を得る際の業務の手間を評価。 



(現行)



退院・退所加算(Ⅰ)       400単位



退院・退所加算(Ⅱ)       600単位



※(Ⅰ)については、同一月に1回のみ算定することができる



(Ⅰ)および(Ⅱ)については、同一月に退院・退所した病院等又は施設が同一である場合には併せて算定することができない。



(報酬改定後)



退院・退所加算                  300単位



※入院等期間中に3回まで算定することができる。



 



〇在宅患者緊急時等カンファレンスへの参加に対する評価の創設



 病院又は、診療所の求めにより当該病院又は診療所の職員と共に利用者の居宅を訪問し、カンファレンスを行い、必要に応じて居宅サービス等の調整を行った場合に評価を行う。



(創設)緊急時等居宅カンファレンス加算    200単位



※月2回に限り算定することができる。



 



〇複合型サービス事業所連携加算



 利用者が第一号複合型サービスの利用を開始する際に、当該利用者に係る必要な情報を当該第一号複合型サービス事業所に提供し、当該第一号複合型サービス事業所における居宅サービス計画の作成等に協力した場合に評価を行うもの。



(創設)複合型サービス事業所連携加算           300単位



------------------------------------------------------------------------------------------



※算定要件



 現行の小規模多機能型居宅介護事業所連携加算と同様。



--------------------------------------------------------------------------------------------  


関連する記事