ニュース

19年10月実施 介護報酬改定率 +0.39%

19年10月実施 介護報酬改定率 +0.39%

 政府は12月17日、今年10月に実施する介護報酬改定の改定率を+0.39%とすることを決めた。

 同日の予算大臣折衝を踏まえ決定。消費税率引上げによる課税費用増加分への補填として、基本報酬と加算の一部を引上げる。

 17年度介護事業経営実態調査によると、人件費等の非課税費用を除いた課税費用の割合は全サービス平均で21.0%。これに増税分の2/108を乗じた値が0.39%となる。具体的な単位数等は年度内に設定する。

 区分支給限度基準額についても前回8%時と同様に引上げ。前回見直しを行わなかった施設の食費・居住費(基準費用額)についても、報酬改定と別に国費7億円程度を投じ、上乗せを行う。

 また、昨年10月に施行された福祉用具貸与の上限価格については、増税後の貸与価格が上限価格を超えて給付対象外となる可能性が出てくるため、税率引上げ分を引上げることとした。

 これとは別に、介護職員等の更なる処遇改善として、来年度は国費210億円程度を確保。新加算で対応する。

(シルバー産業新聞2019年1月10日号)

関連する記事