ニュース

パラマウントベッド 透析室向け幅狭ベッド販売

パラマウントベッド 透析室向け幅狭ベッド販売

 パラマウントベッド(東京都江東区、木村恭介社長)は、透析室・化学療法室向けベッド「R'fone(アルフォーネ)シリーズ」から、必要設置面積を約1割削減したモデルを2月1日に発売した。同じスペースでもより多くの患者を受け入れることが可能になる。

 ベッドの機能は、背上げ・膝上げ・高さ調節を個別に操作できる電動3モータータイプ。サイドレールなどを設置するためのオプション取付穴を標準装備している。また、ベッドとサイドレールや手すりとのすき間については病院用ベッドのJIS規格を満たしている。

 このほか、血圧低下などの緊急時にひとつのボタンで背下げ・膝上げを同時に高速で行うことができる「ショック体位ボタン」を設けるなど、安全性や使い勝手に配慮した機能性を兼ね備えている。

 希望小売価格は50万5000円(税別)。患者に合わせて使い分けできるリバーシブルマットレスや記録台などの専用オプション品(別売)も同時発売した。

 問合せは同社お客様相談室(☎0120・03・3648)まで。

(シルバー産業新聞2017年2月10日号)

関連する記事