注目商品

介護ベッドを音声操作 パラマウントベッド

介護ベッドを音声操作 パラマウントベッド

 パラマウントベッド(東京都江東区、木村友彦社長)はこのたび、音声によって介護用ベッドを操作できる機能を開発。指先でのボタン操作が困難な筋萎縮性側索硬化症(ALS)や、脊椎損傷の患者などが、安全・安心に介護ベッドを利用できるようにした。昨年発売した在宅向け介護用ベッド「楽匠プラスシリーズ」の「ベッド操作アプリ」に追加され、2021年7月7日より無料で利用可能となる。

 同操作機能は、アップル社のオペレーションシステム(iOS、iPadOS)を搭載したタブレット端末などと連携し、予め設定した「頭あげる」など、介護用ベッドの動作を示す言葉を音声認識すると、無線で指示を送り介護用ベッドを動かすもの。iOS、iPadOSと連携し介護用ベッドを音声操作できるのは国内初という。

 連続で動作する時間を2秒、3秒などに設定することができるため、誤操作の際も設定時間内で必ず停止させるほか、背あげの連続動作角度を0~75度以内で制限できるなど安全性にも配慮している。

 音声以外では、身体が不自由な人の身体機能に対応した外部の操作スイッチ(入力スイッチ)と連携し、介護用ベッドを操作することも可能。今秋をめどに、言葉を発することが困難な人が意思疎通を図る際に使用される意思伝達装置との連携も行う予定にしている。

タブレット端末の音声操作時のアプリ画面

関連する記事