ニュース

「バリアフリー2021」出展者募集開始 オンライン展示会も初開催

「バリアフリー2021」出展者募集開始 オンライン展示会も初開催

 総合福祉機器展「バリアフリー2021」(主催:大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪ほか、21年4月21日~23日、インテックス大阪)の出展者募集が始まった。初の平日開催とし、多くの専門職の来場と密解消を目指す。「慢性期医療展2021」「看護未来展2021」「在宅医療展2021」も同時開催。好評の各種セミナー・講演会、企画コーナーも開催。

 また、コロナ感染予防の観点から、会期後の5月14日~6月4日にwebサイトを活用したオンライン展示会「バリアフリーONLINE」も初開催する。商談機会の損失が顕著となる医療介護分野の代替手段を提供するもの。感染リスク回避のため展示会場に出向くことが難しい医療・介護・福祉職種と出展企業とをつなぐ。展示会出展者はオンライン出展料が無料となる(オンライン出展のみは12万円/税抜)。

 出展料はバリアフリー展( レギュラーブースAタイプ)29万円(税抜)~。

 問合せはバリアフリー展事務局(☎06・6944・9913)。

 展示会ウェブサイトhttps://www.tvoe.co.jp/bmk/

(シルバー産業新聞2020年10月10日号)

関連する記事