ニュース

fundbook 経営者向けセミナー 12月よりオンライン開催

fundbook 経営者向けセミナー 12月よりオンライン開催

 M&A仲介サービスのfundbook(東京都港区、畑野幸治社長)は医療法人、介護事業所、社会福祉法人の経営者向けに、事業継続や拡大に向けたオンラインセミナーを開催する。セミナーは医療法人向け12月1日(水)、介護事業者向け12月8日(水)、社会福祉法人向け12月15日(水)にオンラインでそれぞれ、13時~14時と19時~20時の2回実施する。参加無料。

 介護事業者向けセミナーは「最新の手法で介護業界での〝二桁成長を目指す!」がテーマ。講師の横山朗氏は「介護業界では事業拡大のために事業所新設等が検討されるが、人手が集まらずに実施できずに悩んでいるなどとの相談がある」と話す。

 特に新型コロナ感染拡大の影響で経営状況が不安定だったり、人材確保が困難なケースは増えている。セミナーでは、「人材が集まらない中での事業拡大の方法」等について、説明していく。

 「M&Aを活用した事業拡大は、人材確保や育成、地域での顧客が確保された状態で行えるメリットがある」と横山氏。実際にM&Aを行った事業者からは「経営母体がしっかりすることで福利厚生が良くなった」などの声もある。

 「事業所が抱える課題に対して、メリットやデメリットを交えながら解説する。より良い取組みを見つけていただきたい」(横山氏)。

 社会福祉法人向けセミナーは社会福祉法人の「事業譲渡」や「合併」がテーマ。2022年からは社会福祉法人などが連携して人材の合同採用や資金の貸付けなどが行える「社会福祉連携推進法人」がスタート。社会福祉法人の事業拡大・経営基盤の強化の選択肢である『合併や事業譲渡』に、「社会福祉連携推進法人」が加わる。

 講師の谷口慎太郎氏は「セミナーでは社会連携推進法人の取組み方も含めて解説していく。まずは、事業継続が必要なのか、事業拡大ができるのかなど、課題に合わせた取組みを知る機会として、ぜひご参加いただきたい」と話す。

 医療法人向けセミナーは「60歳を超えた理事長が考えるべき3つのこと」をテーマに①後継者の見つけ方②家族への相続のための出資持分③理事長の引き際の考え方――等について解説する。

 谷口氏は「最近は医療法人から、病院と老健の経営を切り分けたい等の要望も増えてきた。地域で長く残っていくために必要な方法をともに検討していきたい」と説明する。

 同社は2017年の創業以来、「事業拡大・承継」など個別ニーズに対応したM&Aに取組んでいる。今年6月からは人材不足や後継者不在が課題となっている、医療や介護業界に特化したヘルスケアビジネス本部を立ち上げた。森山智樹氏は「まずはどのような事業者が自社に興味を持っているのかを知ってもらい、M&Aなどを通じて、事業所の課題解決をサポートしていきたい」と語った。

 セミナーの申込は同社ホームページ(QRコード)、M&A等の問合せは同社(TEL0120・261・438)まで。

(シルバー産業新聞2021年11月10日号)

関連する記事