ニュース

日本ケアテック協会設立 介護現場のテクノロジー活用を推進

日本ケアテック協会設立 介護現場のテクノロジー活用を推進

 介護現場におけるAIやICTなどの活用推進を目指す「日本ケアテック協会」が11月11日に設立された。協会独自の認証制度やマッチング事業に取り組むほか、介護報酬での評価へ組み込むことなども国に提言していく。ケアプランAIの開発などを手掛けるウェルモのCEO、鹿野佑介氏が代表理事を務める。

 「ケアテック」はケアとテクノロジーを掛け合わせた造語。AIやICT、IoTなどの技術を応用した介護現場向けの製品やサービスを扱うケアテック企業が中心となって同協会を立ち上げた。鹿野代表理事は同日に開催した記者会見で、「現場で本当に使える製品を送り出せるよう、介護事業者とケアテック事業者の架け橋になりたい」と意気込みを語った。また介護保険などに組み込まれなければ現場でのテクノロジーの実装は困難とし、「社会保障への仕組みへの提言も行い、『持続可能な介護』の実現を目指していく」と説明する。
 
 主な事業内容として、①優良なケアテック製品・サービスを認証する「ケアテック認証制度(仮称)」②実証の場を提供する介護事業者とケアテック事業者とのマッチング事業③IT活用が優れた介護事業者や職員を表彰する「ケアテックアワード(仮称)」④調査・提言活動――などに今後は取り組む。ケアテック企業、介護事業者などの会員募集も行う。
(写真=右から森常務理事、竹下専務理事、鹿野代表理事、応援に駆け付けた和田義明内閣府大臣政務官)

日本ケアテック協会役員(五十音順)
<代表理事>鹿野佑介(ウェルモCEO)
<専務理事>竹下康平(ビーブリッド社長)
<常務理事>森剛士(ポラリス社長)
<理事>池田紫乃(慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター研究員)、岡本茂雄(産業技術総合研究所招聘研究員)、落合孝文(弁護士、渥美坂井法律事務所)グスタフ・ストランデル(舞浜倶楽部社長)、三浦雅範(コニカミノルタQOLソリューションズ社長)、宮島俊彦(岡山大学客員教授)、宮本隆史(善光会最高執行責任者)、山岡勝(パナソニックスマートエイジングPJ事業統括)、山本左近(さわらびグループCEO)
<特別顧問>辻哲夫(東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)
<顧問>石山麗子(国際医療福祉大学院教授)、柴口里則(日本介護支援専門員協会会長)
<監事>三原宇雄(公認会計士、マーブルメトリクス)

関連する記事