インタビュー

重症化を防ぐため、口腔ケアと舌磨きの徹底を

重症化を防ぐため、口腔ケアと舌磨きの徹底を

 新型コロナウイルス感染症の重症化に、口腔衛生が関係していることがわかってきた。鶴見大学歯学部探索歯学講座教授で歯科医師の花田信弘氏に、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化を予防する対処方法の一つとして、歯と口の健康維持の重要性について解説いただいた。

 口腔清掃を怠ると、細菌や毒性物質が口腔内の上皮細胞を破壊する。これが歯周病の始まりで、日本人の約8割が罹患している。歯周病になると細菌や毒性物質が血管から全身に拡散する。

 歯周病菌などの細菌が全身に拡散する状態を「菌血症」、そして菌血症が進行して歯周病菌がもつ毒性物質エンドトキシン(LPS)が拡散される状態を「エンドトキシン血症」という。

 これら「菌血症」と「エンドトキシン血症」を発症している人が新型コロナウイルスに感染すると、多くの細胞が自滅してしまう免疫暴走(サイトカインストーム)が起き、重症化に繋がる危険性が非常に高くなる。

口腔衛生が重症化に繋がる流れ

 新型コロナウイルスに感染するとなぜ重症化するケースがあるのか、その流れとともに説明しよう。

 まず、新型コロナウイルスに感染すると、ウイルス性の肺炎を発症する。これにより、肺の免疫力が低下し、正常時ならば防ぐことのできる細菌の攻撃を受けて、細菌性肺炎を発症してしまう(二次性細菌性肺炎)。

 この際に、エンドトキシン血症も発症していると、細菌の攻撃で傷ついた肺の細胞に自滅するようにと命令を出すサイトカインが過剰放出される。

 細胞の修復が追い付かず、多くの細胞が死んでしまうサイトカインストームが起き、重症化、最悪の場合は死に繋がってしまう。

口腔衛生と栄養摂取

 新型コロナウイルスについて、そもそもウイルスに感染しミンEやビタミンCが多く含まれる緑黄色野菜がおすすめ。生で食べると、よりビタミンを効率的に摂取できる。

 サイトカインストームを引き起こすエンドトキシン血症は、「善玉コレステロール(HDL)」を増やすことで、発生を防ぐことができる。

 善玉コレステロールは、栄養コントロールによる摂取や、運動をすることで増やすことができる。
 口腔衛生のほか、栄養摂取や運動にも取り組んでいただき、重症化予防に繋げてほしい。

高齢者の口腔清掃で求めること
(1)毎食後の歯磨き、舌磨き
(2)1日1回の義歯清掃
(3)週1回の口腔清掃

(シルバー産業新聞2020年9月10日号)

関連する記事