注目商品

オリジン 歩行支援ロボ「リゲイト」発売

オリジン 歩行支援ロボ「リゲイト」発売

 愛知県で介護事業運営や医療・介護用品販売などを手がけるオリジン(豊橋市、元吉伸幸社長)は、早稲田大学、広島大学との医工連携で開発した密着型歩行補助装置「リゲイト」を10月17日にリリースした。

 愛知県で介護事業運営や医療・介護用品販売などを手がけるオリジン(豊橋市、元吉伸幸社長)は、早稲田大学、広島大学との医工連携で開発した密着型歩行補助装置「リゲイト」を10月17日にリリースした。医療機関や介護施設をメインターゲットに、初年度300台の販売をめざす。

 最大の特徴は、足首の関節の動きのみをサポートし正常歩行に導く機構。歩行パターンをプログラム化することで、足裏の接地状態や足の振り出し、つま先が地面を離れるスピード、タイミングなどを把握し、適切に動作補助を行う。特に、脳卒中等で片麻痺になった人の歩行訓練に有効。つまずきによる転倒リスクも軽減できる。

 装着する本体は、靴が一体となった補助装置(約1㎏)と、腰ベルトで巻く制御ボックス(約0.9㎏)。補助装置はズボンの裾に隠れる小型設計で、周囲からも目立たずに使用できる。靴のサイズはS(20~22㎝)、M(23~25㎝)、L(26~28㎝)の3種類。
 既に同社運営のデイサービスには導入済で、機能訓練等に組み込まれている。10月4日に開いた記者発表会で、元吉社長は「これまではスキル、人員、時間のいずれもが不足し、デイ利用者の『また歩けるようになりたい』というニーズに十分応えられなかった。リゲイトは装着・セッティングが簡単で、かつ効果的な歩行支援が提供できる」と強調した。

 価格はオープン。現在は受注生産のため、納期は約3カ月。

 問合せは同社(☎0532・69・2900)まで。
元吉伸幸社長

元吉伸幸社長

(シルバー産業新聞2016年11月10日号)

関連する記事