イベント

これからの福祉と医療を実践する会 第466回例会《東京》

これからの福祉と医療を実践する会 第466回例会《東京》

 “これからの福祉と医療を実践する会”は、昨年10月に第450回例会を数え、本年4月に設立から38年目に入りました医療機関・福祉施設を中心とする勉強会組織で、「現在から未来への福祉・医療の望ましいサービスを実現し続けること」を目指し“半歩先の実践”を旗幟として、毎月一回の例会を中心に特別研修会等、様々なテーマを取り上げています。
 「これからの福祉と医療を実践する理論的研究と、その実践の方法論を研究し、もって人間の生命と健康を守る実践活動に寄与することを目的とし」、基本方針としては 「医療人・介護人としての使命を果たすために、いかなる厳しい経営環境にも耐え得る経営体質を、地道かつ、たゆまぬ努力で構築する」ことを掲げております。
 

日時:2月19日(金)14:00~16:30

会場:戸山サンライズ 大会議室(東京都新宿区)

主催:これからの福祉と医療を実践する会

内容:「コロナ下での介護報酬改定はどうなったのか…改定から見えてくる介護経営の行方を読み解く」。

講師:ナレッジ・マネジメント・ケア研究所統括フェロー・石垣修一氏

参加費:一般1万5,000円、会員8,000円

問合せ:同会事務局(☎03-5834-1461、FAX03-5834-1462)

申込み:同会事務局( ☎03-5834-1461、FAX03-5834-1462、メールjissensurukai@nifty.com)

URL:http://www.jissen.info/

関連する記事