ニュース

ガット・リハビリィ 「豊通オールライフ」に社名変更

ガット・リハビリィ 「豊通オールライフ」に社名変更

 ガット・リハビリィ(京都市、安井精社長)は4月1日付で、豊通ライフケア(名古屋市、石原正規社長)の福祉用具レンタル卸、施設・病院向け紙おむつ販売、介護報酬前払い(ファクタリング)の各事業を移管し、社名を「豊通オールライフ」に変更した。

 同時に本社を東京都港区港南2-3-13へ移転した。社長は引き続き安井氏が務め、カタログ「ALL LIFE」を通じた介護用品の卸販売事業も継続する。

 ガット・リハビリィと豊通ライフケアはともに豊田通商(名古屋市、加留部淳社長)の100%子会社で、今回ガット社に介護・ヘルスケア事業を集約することにより、販売卸とレンタル卸の両業態によるシナジー効果などを見込む。

 豊通ライフケアは従来のオフィス住環境事業は継続し、社名は4月1日より豊通ファシリティーズに変更した。

(シルバー産業新聞2014年5月10日号)

関連する記事