コラム

「人・産業・地域が輝く長崎県づくり」 長崎県知事 中村法道

「人・産業・地域が輝く長崎県づくり」 長崎県知事 中村法道

 中村法道 大会会長 長崎県知事 より、ねんりんピック長崎2016の開催にメッセージをいただきました。

 全国各地から多くの皆様をお迎えし、「第29回全国健康福祉祭ながさき大会(ねんりんピック長崎2016)」を長崎県で開催できますことは大きな喜びであり、県民の皆様とともに皆様のご来県を心から歓迎申し上げます。
 さて、全国よりも早いペースで高齢化が進んでいる本県では、県民が将来に向けて夢や希望を持って暮らすことができるよう「人、産業、地域が輝く たくましい長崎県づくり」をめざして、いつまでも健康で活躍できる社会の実現に取組んでいるところです。
 こうした中、健康と福祉、スポーツと文化の総合的な祭典「ねんりんピック長崎2016」を、本県で開催できますことは、誠に意義深く、これからの地域の支えとなる高齢者の皆様の社会参加を進める上で、大きな契機になるものと期待いたしております。
 本大会の開催に当たりましては、「長崎で ひらけ長寿の 夢・みらい」のテーマのもと、県民一丸となった心のこもったおもてなしで皆様をお迎えできますよう、準備を進めてまいりました。
 参加される皆様には、日頃の練習や活動の成果を存分に発揮していただきますとともに、多くの方々と交流の輪を広げていただき、本大会が、いつまでも思い出に残るすばらしい大会となりますことを心から願っております。
 本県は、変化にとんだ美しい自然やその恵み、海外との交流により培われた長崎独特の文化など様々な魅力にあふれています。
 また、本県には、昨年7月に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である端島炭鉱(軍艦島)や旧グラバー住宅などのほか、平成30年の世界遺産登録を目指している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の長崎県独自のキリスト教の歴史を物語る様々な構成資産もございます。
 皆様には、この機会にこれら長崎県の魅力を余すところなくご堪能いただきたいと思っております。
 結びに、本大会の開催に向け、多くのご支援とご協力をいただきました関係者の皆様に心から感謝を申し上げ、あいさつといたします。

(ねんりんピック新聞2016in長崎)

関連する記事