ニュース

「福祉用具選定士」認定研修、今年度は東京、大阪、福岡で実施

「福祉用具選定士」認定研修、今年度は東京、大阪、福岡で実施

 日本福祉用具供給協会(小野木孝二理事長)は今年度、東京、大阪、福岡の全国3会場で「福祉用具選定士」の認定研修を実施する。福祉用具選定士は、より専門性の高い福祉用具専門相談員の育成を目的に同協会が創設した認定資格。2つの研修を受講し、筆記試験に合格することで認定が受けられる。実技中心のカリキュラムで、高いフィッティング技術をすぐに現場で生かすことができるのが特長だ。各会場の日程は以下の通り。

受講資格:福祉用具専門相談員として2年以上の実務経験を有する者

定員:各会場30名

東京会場:アンフェリシオン(東京都江東区)
A研修(ベッド・車いす編)
2022年7月12日(火)~14日(木)
B研修(歩行器・床ずれ防止・リフト編) 
2022年11月8日(火)~9日(水)

大阪会場:CIVI研修センター新大阪東(大阪市東淀川区)
A研修 2022年7月26日(火)~28日(木)
B研修 2022年10月18日(火)~19日(水)

福岡会場:リファレンス駅東ビル(福岡市博多区)
A研修 2022年6月21日(火)~23日(木)
B研修 2022年9月14日(水)~15日(木)

 同協会ホームページから、募集要項や参加申込み用紙がダウンロードできる。

関連する記事