ニュース

高齢女性の2割低栄養 16年国民健康・栄養調査

高齢女性の2割低栄養 16年国民健康・栄養調査

 厚生労働省が9月21日に公表した「2016年国民健康・栄養調査の結果」によると、65歳以上女性の22.0%に低栄養傾向がみられた。10年前の16.8%から約5ポイント増加。85歳以上女性だと34.3%で3人に1人が低栄養となっている。65歳以上男性は13.6%から12.8%とやや低下した。

 一方、肥満者の割合は全体平均が男性31.3%、女性20.6%に対し、男性60代32.3%、70歳以上28.6%、女性60代24.2%、70歳以上で23.2%と、女性高齢者は成人の平均を上回った。

 また、糖尿病が強く疑われる人の割合は成人男性の平均16.3%、女性9.3%に対し、男性60代21.8%、70歳以上23.2%。女性60代12.0%、70歳以上16.8%と、男性の方が割合が高く高齢者でより顕著となっている。

食生活に関する調査

 1日当たりの食塩摂取量は成人男性10.8g、成人女性9.2gで10年前の12.2g、10.5gからいずれも減少。しかし、摂取目安量8gをいずれも超えており、男性60代11.4g、70歳以上10.8g、女性60代9.8g、70歳以上9.4gだった。

 また、野菜摂取量は、男性276.5g、女性270.5gと過去最低。その中で男女とも60代では平均300g以上摂取しており、摂取目標の350gを上回る人の割合も最高だった。高齢者ほど目標に近い量を摂取できていた。

 国民健康・栄養調査は毎年実施し、今回は全国2万4187世帯を抽出、1万745世帯から回答を得た。調査期間は昨年10月から11月。
(シルバー産業新聞2020年10月10日号)

関連する記事