注目商品

日本コンピュータコンサルタント 「タブ録」

日本コンピュータコンサルタント 「タブ録」

 日本コンピュータコンサルタント(横浜市、冨田松平社長)では通所系記録Webシステム「タブ録」を販売している。「タブ録」は同社の業務支援システム「介舟ファミリー」のオプション製品。利用者のバイタルなど日々の記録をタブレット端末やパソコンから入力・共有し、煩雑な記録作業を効率化できる。

 持ち運びが容易なタブレットを使って、その場で記録が可能。紙にとった記録をパソコンに入力するなどの手間を省略し、業務サイクルに沿った記録を行えるのが特長だ。手書き入力に対応するなど、不慣れな人でも扱いやすい。過去の記録もその場ですぐに確認できる。

 記録した情報は瞬時に他の職員と共有でき、スムーズな連携を支援する。また記録した情報は「介舟ファミリー」と連動し、ほかの帳票に反映されるので転記の手間も省ける。

 「介舟ファミリー」ではそのほか、ICFの考え方に沿ったケアプラン、サービス計画書の作成支援など、サービスの質向上のための機能も充実している。

 問合せは同社(☎0120・006・470)まで。

(シルバー産業新聞2015年6月10日号)

関連する記事