ニュース

ケアコネクトジャパン「ICT化診断」特設サイトOP

ケアコネクトジャパン「ICT化診断」特設サイトOP

 介護記録システム「ケアカルテ」等を開発するケアコネクトジャパン(静岡市、齋藤芳久社長)は12月26日、介護記録のICT化を自己チェックできるサイトを開設した。5つの質問に答えるだけで、自事業所のICT化の進捗度が把握できる。

「介護記録ICT化診断」サイト
https://www.carekarte.jp/diag-ict/

 ICT化診断では、約1.6万事業所のユーザーをもつ同社記録システムのノウハウをもとに、ICT活用のポイントとなる5つの質問をピックアップ。はい/いいえで答えるだけで、「レベル0」~「レベル5」6段階で診断結果が表示され、加えて、レベルに応じてICT化を進めるうえでの課題、留意すべき機器選定のポイント、導入事例をみることができる。

業務効率化達成はわずか8.5%

 同社では10月5~7日に東京ビッグサイトで開催された国際福祉機器展(H.C.R.)2022や他展示会、WEBセミナーや電話による聞き取りにて、同ICT化診断を実施。約5200事業所を対象に集計を行ったところ、業務効率化が実現できている「レベル5」の該当事業所は8.5%にとどまることがわかった。

 一方、国の調査によると、約9割の介護事業所は介護ソフトを導入している。

 同社は、介護ソフトは導入しつつも▽全職員がケアを実施した場所で簡単に記録を作成▽すべての記録が電子化されている▽申し送りがソフト上ですべて完結――など、業務効率化へ本来行われるべき取組が実践されていないのが現場の実態だと指摘する。

 ICT化調査の詳細などは、同社「ケアカルテ」サイト(https://www.carekarte.jp/)にて。

関連する記事