インタビュー

【寄稿1】LIFE、評価の標準化が進むことに期待

【寄稿1】LIFE、評価の標準化が進むことに期待

小濱介護経営事務所 代表 小濱道博氏

 2021年度介護報酬改定において、リハビリテーション・機能訓練、口腔ケア、栄養改善の自立支援に資する取組が明確にクローズアップされ、LIFEへのデータ提出と活用が多くの加算の算定要件に位置づけられた。それは、LIFEにデータを提供することを評価するものではない。

 LIFEデータベースから提供されるフィードバックデータを活用して、ケアプランやリハビリテーション計画などを見直してケアの質の向上に繋げるPDCAサイクルの活用プロセスを評価する加算である。LIFEデータベース関連の加算単位は、決して高いものでは無い。多くの場合、20単位/月から40単位/月程度である。その事務負担や導入コストを考えると収支が合わないだろう。ただ、以前から処理上の問題として存在した手入力の負担は改善された。記録ソフトを導入することで、日常業務で蓄積された情報を活用して、 データ提出に必要なCSVデータとして抽出して提供する仕組みとなった。あとは、LIFEから提供されるフィードバックデータをいかに有効に活用するかが重要な課題となる。

 今回の介護報酬改定で、リハビリテーション・機能訓練、口腔ケア、栄養改善に関連する新設の加算のすべてにLIFEへの提出と活用が算定要件に組み込まれた。新設の加算では算定要件として位置づけられ、既存の加算についても漏れなく算定区分が設けられた。すなわち、LIFEへの提出と活用が、今後の加算算定には必須となってくる。今後新設される加算はLIFEを活用しないと算定出来なくなる可能性が高い。既存の加算についても次回改定では算定要件に組み込まれる可能性も捨てきれない。現に、ADL維持等加算等では算定要件となった。

 LIFEというエビデンスが確立することのメリットも大きい。LIFEが軌道に乗ると、比較対象が出来る。それによって介護サービスの評価の標準化が進む事が期待できる。利用者、家族も優良なサービスを提供する施設、サービスを提供する事業所を選ぶことができるし、標準に届かないサービスを提供する施設、事業所は淘汰されていくだろう。

(シルバー産業新聞2021年3月10日号)

関連する記事