ニュース

ダスキンヘルスケア「彩食膳」 完全調理済み食材で省力化とコストダウン

ダスキンヘルスケア「彩食膳」 完全調理済み食材で省力化とコストダウン

 兵庫県西宮市にある障がい者グループホーム「Beans(ビーンズ)」(福井朋子代表)は、軽度な知的障がいや精神障がいを持つ女性を対象に、快適で暮らしやすい生活を提供し、将来的に自立していけるように支援している。一昨年の10月に定員4人で開設し、昨年11月に定員8人の2棟目をオープンさせた。

兵庫県西宮市にある障がい者グループホーム「Beans(ビーンズ)」

兵庫県西宮市にある障がい者グループホーム「Beans(ビーンズ)」

 2棟目の開設にあたり、大きな悩みになっていたのが食事の問題。「それまでは業者から食材を仕入れて、調理を行っていましたが、コストと時間がかかり過ぎて、見直しが必要でした」と福井代表。当時の食材費は、夕食1食あたり600円近く。その上、お米やみそ汁、調味料などのコストがかかるため、食事については完全に赤字だったと説明する。

 さらに、調理の時間も食材を洗うところから始まり、切ったり、煮たり、焼いたりと、調理に1時間近くの時間がかかっていた。これが8人定員の施設だと、単純に作業量は倍となるため、提供方法そのものを見直す必要があった。

 そこで福井代表は、インターネットを使って食事の外注サービスを検索したが、情報が溢れ過ぎていて、どれが自分たちに合った形なのか良く分からなかったという。とりあえず、価格帯を中心にいくつかピックアップし、各社から説明を受けることにした。その中に「彩食膳」があった。
福井朋子代表

福井朋子代表

調理時間が3分の1に短縮

 ダスキンヘルスケアが提供する「彩食膳」は、おもに高齢者施設やデイサービスなどを中心に、完全調理済み食材を届けるサービス。調理場の人手不足が深刻化する中で、「厨房業務の省力化」や「食事のクオリティ向上」、「食品衛生上のリスク回避」、さらに「コストダウン」までを実現させる新しいサービスだ。

 最大の特長は、調理工程がたったの3ステップで料理が完成する手軽さ。調理が済んだ食材の入った冷凍パックを、湯煎・または解凍し→バットに移す→盛り付ける。これだけで料理が完成するため、調理時間の劇的な短縮を実現させる。

 「Beans」では、それまで4人分の食事を作るのに1時間近くの時間をかけていたが、「彩食膳」を導入してからは、配膳までを含め、20分程度の時間で済むようになった。「調理時間が3分の1に短縮された分、入居者と向き合える時間が増えたのが最大のメリット」と、福井代表は満足気に笑みを浮かべる。
調理工程はたったの3ステップ

調理工程はたったの3ステップ

「料理が美味しいから」と入居を決めた方も

 さらに、味やメニューについても、入居者からの評価が高いと福井代表は太鼓判を押す。「彩食膳」は、管理栄養士が栄養バランスと美味しさの組み合わせを考えつつ、バラエティに富むメニューを作成。ハンバーグやオムレツといった王道の洋食から、酢豚・八宝菜などの中華、丼もの・カレーといった一品完結料理など、豊富なメニューが揃う。

 魚料理1つとっても、「塩焼き」「煮付け」だけではなく、香草焼き・レモン蒸しなど、食べる人を飽きさせない献立を用意している。「グループホームで生活をする上で、みなさん食事を楽しみにしているので、食事の質は絶対に下げられませんでした」と福井代表。中には、体験宿泊で「彩食膳」を試食し、「料理が美味しいから」との理由で入居を決めた方もいるほどだ。

 また、「彩食膳」は菌検設備の整った施設でHACCPに基づいた厳しい品質管理を行い、安全性の高い食品の製造を徹底しているため、ノロウイルスやO-157だけでなく、コロナ対策にもなる。スタッフの調理スキルの問題も含めて、入居者の食事に対して、一定の品質を保ちたいという思いを実現できたと福井代表は話す。

食事コストの黒字化に成功

 「Beans」では、これまで調理コストが入居者から徴収する費用を上回る状態が続いていたが、「彩食膳」を導入した結果、「調理スタッフの人件費なども含め、1日あたりの食費がこれまでの半額程度で済むようになったと福井代表。大きな悩みだった食事の黒字化に成功している。

 導入に当たって専用の過熱機材なども必要なく、2週間前に注文すれば、すぐにサービスの提供を開始できる。食材は基本の大パック(5人分)と小パック(1人分)があり、1食単位での発注が可能。賞味期限は製造日から1年間。使い切れなかった食材は、非常食などにも使用できる。

 福井代表は「人手不足の問題がある中で、食事の問題を解決できて本当に良かった。今後も入居者様へのサービスの質を高めていきたい」と話している。

 「彩食膳」の無料サンプルや問合せは、ダスキンヘルスケア(TEL03・5484・3640)、または以下のURLまで。
 
 https://saishokuzen.jp/

関連する記事