シルバー産業新聞

シルバー産業新聞2010年5月10日号

シルバー産業新聞2010年5月10日号
■特養ユニット面積縮小へ 多床室と同様10.65㎡に 居住費負担軽減めざす
■「介護福祉士資格取得方法の見直し」パブコメ公表
■高円賃は最低25㎡ 高齢者住まい法改正 5月19日まで登録
■地方主権による介護保険制度に 「地域主権改革法案」
■福祉用具サービス実態調査
 利用者「満足している」/不満者はレンタル制度で返却
■【トップに聞く】 モリトー 社長 森島勝美氏
 「日本の介護から腰痛をなくす」
■2月の福祉・介護事業就業者 298万人で最多 総務省「労働力調査」
■09年度 訪問介護事業者の倒産件数 過去最多の24件 東京商工リサーチ調べ
■厚労省の目標 「世界に誇る少子高齢社会の日本モデルを策定し、国民と共有する」
■大阪府社協 「福祉のレスキュー」効果を検証 社会貢献事業
■日福協九州・沖縄支部 歴代3人の元福祉用具担当官でシンポ
■【提言 特別養護老人ホームの経営改善】
 「保険適用の範囲を明確化する必要がある」
■全国老人福祉施設協議会 中村博彦常任顧問インタビュー
 「介護革命!職員の専門性確立し、弱者の生活権守る行動を」
■全国老人福祉施設協議会 中田清会長
 「地域ニーズに対応できる社会福祉法人を目指す」
■データで見る「特養」の現状 施設規模拡大傾向に
■内閣府調査 「孤独死は身近な問題」60歳以上の43% 大都市ほど懸念強く
■12月10・11日 宮崎市で日本介護福祉士会全国大会 「福祉と医療の連携」テーマに
■11月14日 仙台 認知症の人と家族の会・全国研究集会 事例発表者募集
■報酬改定の影響独自調査 千葉県ケアマネ協議会
■地域コーディネーター兼務可能 包括ケアモデル事業
■ふくせん 福祉用具モニタリングシートの重要性をアピール
■公費負担割合6割 多数の政党が支持 「介護保険1000万人の輪」討論会で
■書籍のご案内
 『医療と介護の融合-2012年への提言と実践』(日本医療企画)、
 『はじめて使う介護保険 不安・お悩み解決ブック』(成美堂出版)、
 『潜在力を引き出す介助』(中央法規出版)
■【特集 高専賃】 整備進むケア付き高専賃
■「厚生年金で生活できるタイプが主流 介護事業とのパイプ不可欠」 NPO法人シニア住まい塾 代表理事 有山志津子氏
■厚労省 暫定集計 GHのスプリンクラー設置 自主設置は13%
 夜勤体制の脆弱さも 求められるスプリンクラー自主設置への補助
■商品紹介
 ワイズマン「ケアハウス管理システム」
 /NDソフトウェア「有料老人ホーム・高専賃向けシステム」
 /日立情報システムズ「施設介護記録システム」
 /ビーシステム「ファーストケア『高齢者住宅版』」
■【特集 手動車いす】 コンパクト・軽量化 安全配慮すすむ
■福祉用具国民会議「サービスの中味と価格」で議論
 『連載企画』

■半歩先の団塊 村田裕之
 「学習療法 薬を使わず、学びの力で認知症を改善・予防する」
■これからの介護保険 「厚労省 600時間見直し問題でアンケート実施」
■2012年改定に向けての助走 服部万里子
 「在宅介護を支える介護保険制度にしよう」
■経営の壁を乗り越えよう 社会福祉法人の明日を拓く
■生き活きケア 「地域包括支援センター 受託で関係づくり」
■ケアマネジメント快刀乱麻 白澤政和
 「ケアマネジャーとサービス事業者の関係 双方向の情報交換を」
■看護師ケアマネジャー 佐藤文恵 「子育て考」
■共用品の周辺 星川安之 「共用品化をシステムで支援」
■遠望 後藤芳一 「国際生物多様性年」
■Dr.ぜんの人の動きを見るためのあれこれ基礎講座
  「ロコモティブシンドロームって?」 金沢善智
■現場最前線の今 発達障害の人の就労支援15 中山清司 
■これっていいかも 共用品推進機構 金丸淳子 「たまフック」
■一口メモ 「ポジティブ・ウェルフェア」
■2010年5月以降のイベント情報
■福祉用具探偵団 「福祉用具を絶えず進化させる営業マン」
■2010年4月の月間ダイジェスト
■シニア住まい塾 栗原道子
 「『年金で安心して最期まで暮らせる住まい』を出版しました」
■社労士 知っ得情報 河村潤子 「定年後も引き続いて働く人の三つの収入源」
■商品情報
 「ゆったり手すり」ウェルファン
 /「入浴グリップ コンパクト S-130」パナソニック電工ライフテック
 /「転ばぬ先の安心ガードル」ユニ・チャーム
 /「ここちあ」パラマウントベッド
 /「ひょっこり杖」ノイエス
 /「タウニィジョイX(エックス)」ヤマハ発動機
■トピックス
 「医療と介護 連携じわり浸透 病院との情報共有は地域での共同不可欠」
■銀幕のいぶし銀 「コロンブス 永遠の海」
■ホームページ探索 「若年性認知症コールセンター」