ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他介護キャリア段位制度 新たに7人を認定2014年4月10日15時40分

 内閣府の介護プロフェッショナルキャリア段位制度(以下、介護キャリア段位制度)で3月10日、7人が新たにレベル認定を受けた。今回の認定により、認定者総数は全国で14人となった。

 介護キャリア段位制度は、エントリーレベルからプロレベルまで7段階のレベル認定を行う。レベル認定には「アセッサー」による実践的スキルの評価を必要とする。アセッサーを養成するアセッサー講習は制度開始当初、東日本大震災の復興予算事業の一環として岩手、宮城、福島の被災3県のみの実施だったが、13年度からは主要都市などに実施地域を拡大してきた。今年1月の時点で、およそ3,400人のアセッサーが誕生している。

 同制度の実施機関であるシルバーサービス振興会の発表によると、2月末時点で全国2,463人(1746事業所・施設)の介護職員がレベル認定に取り組んでいる。
 

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール