ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他拡がる全国からの支援 避難者あふれ戻れない入所者~宮城・石巻市 石巻祥心会「ひたかみ園」(1)2011年5月20日12時15分

 障がい者ケアを実践する石巻祥心会(宍戸義光理事長)は、障がい者グループホーム4カ所が水没した。

 人的被害があり、利用者では相談支援者1人が死亡し、電話が通じず安否確認できない人が多数いる。職員は150人中、理事1人が死亡し、1人が安否不明。家に戻れない利用者と職員も多い。

 法人が受け入れる全避難者数は328人(3月28日現在)になった。内訳は障がい者177人、家族37人、一般68人、職員48人。

 ひたかみ園は避難者であふれ、地震発生時施設から一時避難した入居者が戻ることができないでいる。「地震がなければ50人の入所更正施設は建て替える予定で、浜の方に仮住まいのための仮設住宅もできあがっていたんです」と、管理者の鈴木徳和さん。施設は、真上を基地から飛びだつ自衛隊機の爆音で近くでも話し声が聞き取れないほどで、防音対策として、国から立て替え費用が出たからだ。
 地震の津波は施設の海側にある川の土手でせき止められて、施設は津波の難を逃れたが、余震も強く、市内の蛇田地区にある同法人の施設へ利用者は避難した。

 「地域の障がいのある人たちなどが避難し、助け出した避難者を自衛隊ヘリで運んできたため、施設は埋まったのです。仮設住宅の方も避難者の居場所になり、本来の利用者が戻れなくなっています」

                 (2)へつづく

  • 1104_imssk_szk.JPG
  • 寄付された養鶏場で採れた卵と管理者の鈴木さん

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール