ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他中古ベッドの販売・購入で注意喚起 ベッド安全普及協議会2013年3月26日20時20分

 医療・介護ベッド安全普及協議会(木村憲司会長)は、同会ホームページ上などで、福祉用具事業者や利用者に向けて「中古の介護用ベッドを販売・購入される皆様へ」を掲載し、中古で流通する介護ベッドを使用する際の注意喚起を行っている。

 それによれば①「隙間を埋めて安全に使用することや、JIS認証介護ベッドへの買い換え検討」「福祉用具貸与事業者による利用者への注意喚起」「ベッドメーカーによる簡易対応部品の活用」「同会作成チェックリストの活用」など対応策の検討②ベッド本体とサイドレール、ベッド用グリップのメーカー統一の徹底③製造後7~8年以上経過している場合、メーカーに修理パーツの確認を徹底④金属部のサビ、亀裂、木部の劣化の有無、締結部の緩み、電動による動作など、安全・強度に関する確認を徹底⑤電源ケーブルや電源プラグなどに破損変形がないかの確認を徹底⑥手元スイッチに破損変形がないか、またボタンから手を離すと直ちにボタンが戻り、ベッドの動作が速やかに停止するかの確認を徹底⑦メーカー作成の適切な取扱説明書を必ず添付して販売すること――を呼びかけている。

 市場では、介護保険制度でレンタル利用された後の中古ベッドについて、販売用としての流通が多くなっており、一層の安全啓発を求める声が、経済産業省や厚生労働省、消費者庁など所管省庁でも高まっていた。
 同会加盟ベッドメーカーを中心に、09年以降、サイドレールの隙間への挟み込み事故が起こりにくく配慮されたJIS認証介護ベッドが発売されるようになったが、依然としてすでに流通した介護ベッドでの事故発生がある。

 医療・介護ベッド安全普及協議会ホームページ http://www.bed-anzen.org

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール