ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他ケーススタディ②福祉用具 退院後まで連続したサービス提供2013年2月 5日11時14分

ライフステップサービス 船橋市立リハビリテーション病院

 入院した高齢者が在宅に復帰する上で重要となるのが、福祉用具の活用や住環境の整備。全国で福祉用具レンタル卸業を展開するライフステップサービス(埼玉県三郷市)では、病院の中にショップを構え、患者が利用する車いすなどの適合調整から、カンファレンスを通じた退院後の福祉用具の選定まで、リハビリテーションの流れを取り入れた質の高い福祉用具サービスを提供している。

生活環境整備担当者を配置

 千葉県船橋市にある船橋市立リハビリテーション病院。08年に市が設立し、指定管理者として指定を受けた「医療法人社団輝生会」(東京都渋谷区、石川誠理事長)が運営する、公設民営のリハビリテーション専門病院。その病院の中の一角に同社の福祉用具ショップがある。

 全国的にも類を見ないのが、同社のスタッフが病院から委託を受けて、「生活環境整備担当者」という福祉用具の専門家として配置されている点だ。

 この「生活環境整備担当者」が、入院患者が院内で利用する車いすの適合調整や、カンファレンスを通じた退院後の福祉用具導入や住宅改修の提案などの仕事を担っている。

 入院患者の身体状況は目まぐるしく変化するため、その時々に応じた福祉用具の選定・適合が必要になる。本来は入院初日から福祉用具の専門家が継続的に関わることが望ましいのだが、病院は医療制度、福祉用具は介護制度の中で動いているため、院内で介護保険の福祉用具レンタルサービスを提供することはできない。そうした行政上の縦割りに対し、利用者本位の視点から、シームレスで連続した福祉用具サービスを提供しているのが、同病院の取り組みである。

 病院内で使用される福祉用具については、病院から委託を受けた同社が管理し、それを病院側にレンタルするという仕組みをとっている。そうすることで、病院側が無駄な在庫を抱えることなく、患者は豊富な種類の中から、自らの心身状況に適した福祉用具を選定することが可能になる。

 また、福祉用具のメンテナンスについても同社が全て請け負うため、セラピストら病院スタッフが、本業以外の部分で時間を割かれることなく、患者と接する時間を確保できるなどのメリットもある。

 退院時は、カンファレンスを通じて、「生活環境整備担当者」が地域のケアマネジャーや福祉用具事業者と連携し、入院中に提供していたリハビリテーションの流れや福祉用具を在宅に引き継いでいくという連携の形ができ上がっている。

医療側の要求に応え関係構築

 ライフステップサービスは、福祉用具の中でも特に「移動用リフト」と「車いす」に特化した専門のレンタル卸業を01年から展開している。

 代表取締役の石丸尚昭氏は「福祉用具を新たに導入、または見直す際、問題解決のためのチームの一員として機能することが私たちの目標」と同社のスタンスを説明する。

 同社が医療と介護の連携に取り組んだのは、設立当初から。病院から退院後の生活環境整備の依頼が入ると、取引先の福祉用具ショップと一緒になって対応してきた。

 その中で、「退院直前からの対応ではなく、もっと早い段階から関わることができれば、より良い提案や適合ができると感じていた」と石丸氏。一方の医療側のセラピスト、看護師らも、そうしたことを望んでいたという。

 そこで同社では、患者個人との相対契約で、病院内での福祉用具レンタルに対応してきた。そうした経験を積み重ね、医療サイドとの関係を構築していく中で、前述の船橋市立リハビリテーション病院のような取り組みが生まれてきた。

 「病院と連携する際は何よりも適合する技術は必須条件。さらに介護保険制度に則った動きとは違うため、スピード感も必要になってくる」と石丸氏。用意する商品も高機能な用具を必要とする場合が多く、事業リスクが高いのも事実だ。ただ、車いすなどが治療道具として利用されている現場で、利用者本位で仕事をしていくには、そうした要求に応えていく必要があると石丸氏は言う。

 地域包括ケアの体制整備が進んでいる中で、同社では、医療法人と仕事をする機会がこれまで以上に増えてきている。

  • 代表取締役の石丸尚昭さん.JPG
  • ライフステップサービス
    石丸尚昭代表取締役



    • 病院内に福祉用具ショップを設置し、質の高い福祉用具サービスが提供されている.JPG
    • 病院内に設置された福祉用具ショップ

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール