ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他アルケア 弾性ストッキング1万人分備蓄2016年6月24日07時00分

 災害時のエコノミー症候群予防に

00001.jpg

 医療機器・医療用消耗材料等の製造・販売を行うアルケア(東京都墨田区、鈴木輝重社長)は熊本地震を受け、4月27日に同社弾性ストッキング「アンシルク」を1万人分備蓄することを決定した。災害時に行政や学会からの支援要請へ迅速に対応する。

 熊本地震では多くの被災者が避難所生活や車中泊を余儀なくされ、肺血栓塞栓症や深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)による健康被害が発生した。

 エコノミー症候群の予防策としては、適度な運動や水分補給とあわせて弾性ストッキングの着用が推奨されている。同製品は脚を圧迫するための特殊な編み方で作られた医療用ストッキング。日本人の体形データに基づき設計され、下肢静脈の血液還流を促進する働きがある。

 同社は日本静脈学会との連携のもと、東日本大震災の際には被災地へ弾性ストッキングを提供しており、今回の熊本地震でも既に同様の取組みを行っている。

 災害時緊急要請対応としての備蓄を行うことで、通常の物流に影響を及ぼすことなく、速やかに届ける初動体制を構築する。

 問合せは同社(☎0120・770・863)まで。

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール