ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他「介護福祉経営士1級」52人合格 2級69人2016年1月26日07時00分

 日本介護福祉経営人材教育協会(東京都千代田区、多田宏代表理事)は、11月8日に実施した第2回「介護福祉経営士1級」資格認定試験で52人が合格したと発表した。

 同試験は、昨年に続き2回目で、全国7会場で「介護福祉経営士2級」資格認定を持つ70人が受験。合格率は74.3%だった。合格者を年齢別にみると、40歳代が最も多く42.3%、次いで30歳代が26.9%、50歳代が19.2%と続く。性別では、男性が47人で、90.4%を占めた。勤務先の業種別では、介護施設・事業所が42.3%、コンサルティングが26.9%、金融機関が5.8%など。保有資格では、医療経営士が30.8%、ケアマネジャーが25.0%、介護福祉士15.4%、社会福祉士・ホームヘルパー13.5%、ファイナンシャルプランナー11.5%など。

 同日に行われた第8回「介護福祉経営士2級」資格認定試験では、131人が受験し、69人が合格(合格率52.7%)で、5回の累計受験者は1747人、合格者は996人となり、合格率は57.0%。

 第9回2級資格認定試験は、2月21日(日)に実施の予定。

 介護福祉経営士は、同協会が認定する資格で、介護福祉経営に関する法制度、財務会計、リスクマネジメント、コンプライアンス、人材育成など多岐にわたる知識を修得し、かつ、実務の現場において広くその知識・経験を発揮できる、「介護福祉分野の経営」を担う専門職として創設された。

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール