ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他新百歳に2万5823人 百寿者5万1376人2012年11月 9日21時28分

 厚生労働省は9月14日、本年度中に100歳に到達する高齢者が9月1日現在で、2万5823人となり、過去最高に達すると公表した。
 

 本年度中に100歳に到達するのは、1912(明治45)年4月1日から13(大正2)年3月31日の間に生まれた人で、昨年より871人増えた。男女別では、男性が3741人(前年より13人増)に対し、女性は2万2082人(858人増)で、女性が85・5%を占めた。都道府県別では、東京が2179人でトップ、次いで大阪1414人、神奈川1324人、福岡1169人と続く。
 

 新百歳高齢者には、内閣総理大臣からお祝い状と記念品(銀杯)が贈られる。
 

 一方、住民基本台帳による9月1日現在の百歳以上の高齢者は、5万1376人で、前年より3620人増加した。女性が4万4842人、男性は6534人で、女性が87・3%を占めた。
 

 人口10万人当たり百歳以上高齢者数は、37・29人で、都道府県別では、高知が78・50人でトップ、2年連続トップだった島根が77・81人、3位は68・27人の山口だった。低いのは、埼玉の23・09人、愛知の25・49人、千葉の28・23人。
 
最高齢者木村次郎右衛門さん(115歳) 
 

 最高齢は、男性が1897(明治30)年4月19日生まれの木村次郎右衛門さん(京都府在住)で、115歳5カ月。木村さんは、男性世界最高齢者。猛暑の今年は、食事以外の時間は自室で横になって過ごすことも多かったが、3回の食事のときは車いすで居間まで行って、食事を取り、家族の問いかけにもしっかりと受け答えをされるという。
 

 女性は1897(明治30)年12月24日生まれの大久保琴さん(神奈川県在住)で、114歳9カ月。現在息子さんとともに高齢者施設に入所されていて、自室で穏やかに日々を過ごされている。毎日息子さんからの飲み物の介助やお話を聞くことを楽しみにされているという。

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール