ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他住宅火災減少 高齢者死者は増加 2010年火災概要2011年6月22日16時30分

 総務省消防庁は4月28日、2010年の火災の概要を発表した。総出火件数や火災死者数は減少している中、高齢者の死者が前年より16人増加して644人だったことがわかった。

 総出火件数は4万6574件で、前年より4565件(8・9%)減少した。火災による総死者数は1734人で前年より143人(7・6%)減少、負傷者も7282人で前年より372人(4・9%)減少した。

 住宅火災による死者(放火自殺者を除く)も、前年より2人(0・2%)減少して1021人だったが、このうち高齢者は644人で、前年より16人(2・5%)増加して、住宅火災による死者数の63・1%を占めた。

 出火原因の第1位は、放火で5585件(12・0%)、次いでこんろ4693件(10・1%)、たばこ4467件(9・6%)、放火の疑い3939件(8・5%)の順で、放火と放火の疑いをあわせると、9524件(20・4%)にのぼる。

(2011年6月10日号)

1106_ju_ks.jpg

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール