ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他弱酸性電解水 食品添加物に2012年7月 2日14時27分

 食中毒を起こす細菌はもちろんノロウイルス、インフルエンザウイルスにも強い殺菌効果を発揮する「次亜塩素酸水(電解水)」は、食品分野で食材や食器の殺菌、消毒剤として国が認める「食品添加物」に指定されているが、このほどその成分規格が改正され、全ての電解水が食品添加物として認められた。

 電解水は酸性度によって強酸性電解水(PH2・7以下)、弱酸性電解水(PH2・7~5・0)微酸性電解水(PH5・0~6・5)に3分類されるが、これまでは強酸性と微酸性のみしか食品添加物として認めれていなかった。今回厚生労働省医薬食品局が食品添加物の規格基準を一部改正、弱酸性電解水も食品添加物に指定したもの。

 電解水は安価で安全、しかも環境に負荷を与えない殺菌消毒剤として注目されている。すでに食品業界では徐々に普及しつつあり、今回PHに関わらず全ての電解水が食品添加剤として認められたことにより、食品業界はもとより、介護分野における調理などの衛生管理への普及が進みそうだ。

<シルバー産業新聞 2012年6月10日号>

「社会・時事・他」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール