ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

施設・住まい「高齢者の住まい選び専門員養成講座」開講2015年10月26日08時00分

住まいの専門家の育成目指す

 高齢者の住まいと暮らしの支援センター(東京都世田谷区、藤本孝雄理事長)は9月5・6日、「高齢者の住まい選び専門員養成講座」を開講した。

 同センターは住まいに関する制度や仕組みが複雑化している点を問題視し、住まい選びの専門家の育成が十分になされていないことなどが、入居トラブルの発生に大きく関係していると指摘。施設が需要過多な現状の中、高齢者一人ひとりの住まいのあり方について、適切なアドバイスが出来る専門員の育成を目指す。

 講師は同センター副理事長の安藤滉邦氏。初日が初級、2日目が中級と2日連続で開講された。初級は高齢社会の現状や介護保険の基礎の解説からはじまり、初心者にもやさしい内容。中級はそれらを踏まえたうえで、介護体制の実態などをより実践的に学ぶことができる。また座学だけではなく、事例に基づいたケアプラン作成や施設選定などのワークショップもプログラムの一環として用意されている。

 本来は上級コースで行われる「施設見学」も、特別に行われた。講座終了後、参加者は講座開催会場でもあった介護付き有料老人ホーム「リアンレーヴ高田馬場(運営:木下の介護)」を施設職員の説明を聞きながらじっくりと見て回り、学びを深めた。

 同講座は今後も定期的に開講予定。また、ケアマネジャーを対象とした、特別コースの創設も検討している。

事例に基づきワークショップを行うなど講座は実践的な内容

00000007.jpg

「施設・住まい」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール