ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

施設・住まい家族で治そう認知症「認知症あんしん生活実践塾2019」2019年6月11日16時30分

8月18日(日)川崎市で

 水分・栄養・運動・排泄の4つの基本ケアを軸に、「体調を整えるケア」と、「平穏な心理を保つケア」を実践することにより、認知症の症状を緩和する、認知症ケア講座「認知症あんしん生活実践塾2019」が8月18日、「川崎市総合福祉センター エポックなかはら」で開催される。

 講師を務める国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授は、認知症の症状を脳の器質的・病理的な変化のみで捉えるのではなく、認知症高齢者を包括的・全人的に観察し、症状発現のメカニズムを徹底的に分析して、論理的なケアを行うことで認知症は治せることを提唱する。

 本講座は、同氏が提唱する「論理に基づいた認知症ケア」を学ぶ絶好の機会となる。

 【日時】8月18日(日)、13時~17時(12時開場)

 【場所】川崎市総合福祉センターなかはら(川崎市中原区上小田中6-22-5)

 【定員】400人(先着順)

 【費用】資料代1000円

 【主催】日本自立支援介護・パワーリハ学会、認知症あんしん生活実践塾2019実行員会

 【後援】川崎市

 【問合せ】同実行委員会事務局(☎03・6407・4233、担当:齋藤・竹谷)まで。

「施設・住まい」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール