ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

施設・住まい特定協 団体名「全国介護付ホーム協会」に2017年8月 2日07時00分

 特定施設の事業者団体、全国特定施設事業者協議会(国政貴美子代表理事、ベネッセスタイルケア副社長)は6月14日、「全国介護付きホーム協会」に名称を変更した。略称は介ホ協。新たな団体名で利用者や業界へ「介護付きホーム」の浸透を図る。

 同協会が昨年2月に行った認知度調査では、「特別養護老人ホーム」41.2%、「グループホーム」31.6%、「サービス付き高齢者向け住宅」22.6%に対し、「特定施設」は4.6%と一般的な周知が進んでいないことがわかった。この結果を受け、利用者にわかりやすい名称として、特定施設の通称を介護付きホームとすることを昨年の総会で定めた。大手事業者のホームページなどでは、すでに介護付きホームの呼称に切り替わっており、事業者の利用も広がっているようだ。今回、団体名も改めることにより、広く社会に浸透し事業環境の改善を狙う。

 議案了承後に登壇した植村健志副代表理事は「介護付きホームは認知症ケア、看取りにも取組み、また20万戸もの数が供給されている社会インフラ。そうした事実も含め、わかりやすい名称でエンドユーザーの理解を促していく」と意気込みを語った。

「施設・住まい」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール