ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

施設・住まい都 サービス付高齢者向け住宅モデル事業 今年度最終公募開始2011年10月25日19時38分

 東京都は、10月14日より今年度3度目となる「医療・介護連携型高齢者専用賃貸住宅モデル事業」の公募を開始した。募集内容は、診療所などの医療事業所と介護事業所を併設する(医療、介護事業所のいずれかは近接事業所との連携も可能)サービス付き高齢者向け住宅の新規、改修整備事業。住宅内で提供する生活支援サービスと事業所から提供される医療、介護サービスがそれぞれ連携して効果的なサービスを提供する体制の確保を要件としている。

 採択事業には併設事業所などの整備に対して補助金を交付する。対象となるのは住宅内の生活支援サービススペース等、併設事業所、そのほか緊急通報や安否確認装置の設置費などで、それぞれに補助上限額が設定されている。住宅の居室部分の整備については対象とならない。(参考資料)

 また、このモデル事業の補助は、国土交通省の補助事業「高齢者等居住安定化推進事業」との併用が可能。国と都の補助が重複する部分については、国の補助を適用し、都が設定した補助単価との差額を都が支給する。同事業は今年度の最終募集となっており、締め切りは11月4日。予算総額は2億4945万4000円。社会福祉法人や医療法人に限らず、民間の株式会社など営利法人でも応募可能。事業の選定は12月中を予定している。

問い合わせ先:東京都福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
☎03-5320-4273

参考資料.pdf
  • クリックで表示
  •  

    「施設・住まい」カテゴリーの最新記事

    シルバー産業新聞購読のご案内

    発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

    1年間(12回)
    7,700円(送料・税込)
    2年間(24回)
    14,214円(送料・税込)
    3年間(36回)
    19,545円(送料・税込)

    購読、書籍のお申込みはコチラ

    • 福祉住環境コーディネーター検定試験
    • SSL グローバルサインのサイトシール