ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

プリズム・社説 「プリズム」 (2012年5月10日号)2012年5月21日12時04分

 消費税がアップすると、原則非課税で運営されている介護保険サービスの事業者は事業運営に要した物品やサービスの消費税分が事業者の負担となる。先ごろ消費税率が現行の5%から、14年4月1日に8%に、15年10月1日に10%に引き上げることが閣議決定された。消費税1%は2.7兆円。5%では10.4兆円の税収となる。このうち国分となる2.82%はすでに全額、年金・医療・介護などの社会保障費に投入されており、不足分を別に補っているのが現状。税率アップにより、少子化対策を加えた社会保障4経費にかかる国の負担分を全額消費税でまかなうというのが目的税化のねらいだという。この仕組みでは、社会保障費の増大に伴って、消費税率を引き上げざるを得ない

 非課税品目は消費者にはありがたいが、事業者にとってはそれまでに支払った消費税分を取り戻す術がない。そこで、原則非課税の診療報酬には、消費税分として1.53%が上乗せされている。実際は、これでは不十分というのが医師会の主張で、全国老人保健施設協会は消費税の原則課税を求めている。介護保険事業者も同様な課題を抱えているが、経営実態調査結果に基づく収支差によって介護報酬が決められてきたので、これまではあまり表だった議論にならなかった。消費税率アップが現実になると、介護事業者にとっては初の試練になる。

 消費税アップ分を介護報酬で対処するとなれば介護給付費分科会の開催、基金や交付金での対処なら政府の予算問題。前者は利用者負担ありで、非課税にした意味が薄れる。また、自由価格制の福祉用具サービスの場合は事業者ごとの対応になるのか。介護事業者は消費税アップへ対応の基本スキームを真剣に検討する必要がある。国も消費税引き上げに伴う社会保障支出増に0.8兆円を見込む。消費税アップが介護人材の人件費抑制につながらないようにしたい。

<シルバー産業新聞 2012年5月10日号>
 

「プリズム・社説 」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール