ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

プリズム・社説 プリズム(2015年10月10日号)2016年8月 5日07時00分

 65歳以上の高齢者人口は3,384万人、総人口に占める割合は26.7%に達した。80歳以上は1,002万人、初めて1,000万人の大台に乗っ た。総務省が今年のシルバーウィークを前に発表した。9月11日時点の100歳高齢者は、6万1,568人。今年度中に100歳になる新100歳は3万379人。お祝いを申し上げたい。

 高齢者は元気で自分のことは自分でできることが、一番のしごと。就労する人も681万人で、高齢者の約21%が働く。男性で29%、女性で14%。欧米に比べて段違いに働く高齢者は多い。日本人は歳をとっても勤勉だ。経済的な理由で働く人が多いが、まだま だ元気、できれば死ぬまで働きたいと思っている人も多い。マンション住まいで年金があり、お金の心配がない人でも、シルバー人材センターに登録をし、80歳を超えても平日は働くという人もいる。

 しかし安心して元気で働けるのも住まいがあり、年金という現金収入があって、いざとなれば医療や介護の保障があるからこそだ。そのために、私たちは長年多額の保険料を払っている。そうした社会的サービスがなければ、若者から高齢者まで、人々はただた だお金を貯めざるを得なくなり、やがて消費経済は冷え込む。政府の社会保障論議をつなぎ合わせれば、来年からのマイナンバー制(社会保障・税番号制度)の 導入によって、預貯金など一定以上の資産があれば、近い将来、医療や介護の社会サービスは自費になるという日が来るかも知れない。これは正しい選択といえ るのか。

 社会保険による社会サービスは、保険料は経済力に応じた負担があっても、利用が必要になれば、だれしも平等に受けられなければならない。この原則が守られなければ、社会保険は信頼を逸して崩壊する。医療や介護などのマンパワーは高価であり、必要量を自費で払える人は余裕層に限られ る。介護保険のある国で「将来の不安は介護」とは思いたくない。

 ことしは中秋の名月、その翌28日の満月がみごとだった。雲が薄くたなびく東の空に、黄味がかった大きな円が一回り大きく光り輝き、人々を平等に照らした。

「プリズム・社説 」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール