ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

プリズム・社説 プリズム(2014年6月10日号)2014年6月20日08時05分

 北海道旭川市で有床診療所を開く林医院の林宏一医師を訪ねた。父の宏紀さんの後を受け継いで88年から院長を務める。旭川医科大で消化器外科医長を務めた林医師は、地域医療の現場で専門分野以外のあらゆる疾患を抱える患者さんを診なくてはならなくなった。「最近の総合医は全科を診る専門医として注目されているが、これまでの専門医も自らの専門を極めるなかで、山裾が広がるように、広い分野の知識や経験を身につけ、開業して家庭医としてがんばってきた」

▼有床診療所は病院へ事業拡大するのが民間医療機関の常だったが、すでに病床規制があり断念せざるを得なかった。介護保険が始まる前年の99年、社会福祉法人を設立し、特養とケアハウスを開設した。訪問入浴や訪問介護などを行う有限会社も設けた。「医療だけでは対応できない。特に退院はしたが自宅では不安があるという高齢者を、継続的に、包括的にケアする必要を感じた」

▼19床の有床診療所は、9床を一般病床、10床を介護療養病床に切り替えた。「有床診療所の診療報酬は、1人およそ月30万円。19床なら、ざっと600万円。在宅医療に比べて、決して高くはない。これからも有床診療所は減っていく」と危惧する。無床診療所は増加する一方で、90年に2万3,000施設(27万床)あった有床診療所は、13年6月時点で9,300施設(12万床)まで減少した

▼14年診療報酬改定で、在宅や急性期の後方支援などを要件に有床診療所の入院基本料が引き上げられた。看護配置加算の引き上げや、看護補助配置加算の新設もある。義務づけになる予定だった管理栄養士の配置は、加算のまま継続されることになった。増大する地域包括ケアのニーズの受け皿にと、有床診療所の存在が期待されているからだ。現在、道医師会の常任理事として、地域福祉部長も務める林医師、今後も医療と介護の一体的なサービス提供に注力することを約束しつつも、「入院患者を抱えていれば、行動は制限される。若い世代の医師が有床診療所を継ぐかどうかは分からない」と懸念した。

「プリズム・社説 」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール