ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政【速報】介護老人保健施設 2012年度 介護報酬改定単価2012年1月25日11時30分

〇在宅復帰支援型の施設としての機能を強化する観点から、在宅復帰の状況及びベッドの回転率を指標とし、機能に応じた報酬体系への見直しを行う

介護保健施設サービス費(ⅰ)従来型個室

(現行)                      (改定後)    

要介護1 734単位/日   要介護1 710単位/日
要介護2 783単位/日   要介護2 757単位/日
要介護3 836単位/日 要介護3 820単位/日
要介護4 890単位/日   要介護4 872単位/日
要介護5 943単位/日   要介護5 925単位/日

 

介護保健施設サービス費(ⅱ)

      要介護1 739単位/日
      要介護2 811単位/日
  <新規> 要介護3 837単位/日
      要介護4 930単位/日
      要介護5 985単位/日

 

介護保健施設サービス費(ⅲ) (旧介護保健施設サービス費(ⅱ)多床室)

要介護1 813単位/日   要介護1 786単位/日
要介護2 862単位/日   要介護2 834単位/日
要介護3 915単位/日 要介護3 897単位/日
要介護4 969単位/日   要介護4 950単位/日
要介護5 1022単位/日   要介護5 1003単位/日

 

介護保健施設サービス費(ⅳ)

      要介護1 819単位/日
      要介護2 899単位/日
  <新規> 要介護3 956単位/日
      要介護4 1012単位/日
      要介護5 1068単位/日

 

※現行の「介護保健施設サービス費(ⅱ)」を「介護保健施設サービス費(ⅲ)」とし、「介護保健施設サービス費(ⅱ)」および「介護保健施設サービス費(ⅳ)」を創設する

 ----------------------------------------------------------------------------------------------

※算定要件(介護保健施設サービス費Ⅰ〈ⅱもしくはⅲ〉)

【体制要件】

理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士を適切に配置していること

【在宅復帰要件】

・算定日が属する月の前6月間において当該施設から退所した者の総数(当該施設内で死亡した者を除く)のうち、在宅において介護を受けることなったもの(入所期間が1月以上の者に限る)の占める割合が100分の50を超えていること

・入所者の退所後30日以内(当該入所者が要介護4又は要介護5である場合は14日以内)に、当該施設の従業者が居宅を訪問し、又は居宅介護支援事業者から情報提供を受けることにより、退所者の在宅における生活が1月以上(当該入所者が要介護4又は要介護5である場合は14日以上)、継続する見込みであること

【ベッド回転率要件】

・30.4を入所者の平均在所日数で除して得た数が0.1以上であること

【重度者要件】(以下のいずれかである場合)

・算定日が属する月の前3月間における入所者のうち、要介護4又は要介護5である者の占める割合が35%以上であること

・算定日が属する月の前3月間における入所者のうち、喀痰吸引が実施された者の占める割合が10%以上又は経管栄養が実施された者の占める割合が10%以上であること

  ----------------------------------------------------------------------------------------------

 

①在宅復帰・在宅療養支援機能加算

 在宅復帰・在宅療養支援機能を強化するため、在宅復帰・在宅療養支援機能加算の創設等を行う。

 「在宅復帰・在宅療養支援機能加算(新設)」 → 21単位/日

  ----------------------------------------------------------------------------------------------

※算定要件

【在宅復帰要件】

・算定日が属する月の前6月間において当該施設から退所した者の総数(当該施設内で死亡した者を除く)のうち、在宅において介護を受けることとなった者(入所期間が1月以上のものに限る)の占める割合が100分の30を超えていること

・入所者の退所後30日以内(当該入所者が要介護4又は要介護5である場合は14日以内)に、当該施設の従業者が居宅を訪問し、又は居宅介護支援事業者から情報提供を受けることにより、退所者の在宅における生活が1月以上(当該入所者が要介護4又は要介護5である場合は14日以上)、継続する見込みであること

【ベッド回転率要件】

・30.4を入所者の平均在所日数で除して得た数が0.05以上であること

・在宅復帰・在宅療養支援機能加算については、介護老人保健施設のうち、「介護保健施設サービス費Ⅰ」(ⅰもしくはⅲ)又は「ユニット型介護保健施設サービス費Ⅰ」(ⅰもしくはⅲ)についてのみ算定可能とする

・現行の在宅復帰支援機能加算については、介護療養型老人保健施設においてのみ算定する(後述)

  ----------------------------------------------------------------------------------------------

 

②短期集中リハビリテーション実施加算

 入所前に状態が悪化し、医療機関に短期間入院した後、再度入所した場合に必要な集中的なリハビリテーションを評価するともに、別の介護老人保健施設に転居した場合の取扱いを適正化する見直しを行う

注)介護療養型老人保健施設において同様の見直しを行う

 

③ターミナルケア加算

 看取りの対応を強化する観点から、ターミナルケア加算について算定要件及び評価の見直しを行う

(現行)                  (改定後)

 

死亡日以前15~30日 200単位/日   死亡日以前4~30日 160単位/日
死亡日以前14日まで 315単位/日 死亡日前日及び前々日 820単位/日
      死亡日        1650単位/日

 

④入所前からの計画的な支援等に対する評価

 入所前に入所者の居宅を訪問し、早期退所に向けた施設サービス計画の策定及び診療方針を決定した場合、並びに地域連携診療計画に係る医療機関から利用者を受入れた場合について評価を行う

 「入所前後訪問指導加算」(新規) ⇒ 460単位/回

 ----------------------------------------------------------------------------------------------

 ※算定要件

 入所期間が1月を超えると見込まれる者の入所予定日前30日以内又は入所後7日以内に当該入所者等が退所後生活する居宅を訪問し、施設サービス計画の策定及び診療方針を決定した場合(1回を限度として算定)

  ----------------------------------------------------------------------------------------------

 「地域連携診療計画情報提供加算」(新規) → 300単位/日

  ----------------------------------------------------------------------------------------------

※算定要件

 診療報酬の地域連携診療計画管理料又は地域連携診療計画退院時指導料を算定して保険医療機関を退院した入所者に対して、当該保険医療機関が地域連携診療計画に基づいて作成した診療計画に基づき、入所者の治療等を行い、入所者の同意を得た上で、退院した日の属する月の翌月までに、地域連携診療計画管理料を算定する病院に診療情報を文書により提供した場合(1回を限度として算定)。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------

注)介護療養型老人保険施設において同様の加算を創設する

 

⑤医療ニーズへの対応強化

 入所者の医療ニーズに適切に対応する観点から、肺炎や尿路感染症などの疾病を発症した場合における施設内での対応について評価を行う

 「所定疾患施設療養費」(新規) → 300単位/日

 ----------------------------------------------------------------------------------------------

※算定要件

・肺炎、尿路感染症又は帯状疱疹について、投薬、検査、注射、処置等を行った場合

・同一の利用者について1月に1回を限度として算定する

・1回につき連続する7日間を限度として算定する

----------------------------------------------------------------------------------------------

注)介護療養型老人保険施設において同様の加算を創設する

 

⑥認知症への対応強化

 認知症の症状が悪化し、在宅での対応が困難となった場合の受入れ及び在宅復帰を目指したケアについて評価を行う

 「認知症行動・心理症状緊急対応加算」(新規) → 200単位/日

----------------------------------------------------------------------------------------------

 ※算定要件

 医師が、認知症の行動・心理症状が認められるため、在宅での生活が困難であり、緊急に介護保健施設サービスが必要であると判断した者に対して、介護老人保健サービスを行った場合(入所した日から起算して7日を限度として算定可能とする)。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール