ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政岡山市総合特区「介護機器貸与モデル事業」 追加公募へ2014年5月22日08時00分

 岡山市は総合特区事業「介護機器貸与モデル事業」の追加募集を始める。介護保険での福祉用具貸与でない製品のうち、要介護者等の在宅生活を支援する機器を公募するもので、利用者負担1割で貸し出し、9割は同市が負担する。効果のPRと、将来的に介護保険レンタル対象となるための実証・検証を目的とした事業。

 同事業で得られたデータ等は厚生労働省にも提供されるなど、介護ロボットの介護保険適用を検討する材料ともなる。

 募集期間は5月中旬から7月中旬を予定。新たに選定された機器は、14年11月~16年3月末まで貸与予定。

 昨年度はコミュニケーション型介護ロボット「メンタルコミットロボットパロ」(大和リース)、見守りシステム「おだやかタイム」(イーシーエス)、握力支援機器「パワーアシストグローブ」(ダイヤ工業)の3製品が選定された。

 詳細は岡山市ホームページ、または保健福祉局医療政策推進課(☎086・803・1638)まで。

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール