ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政岡山市総合特区 「最先端介護機器貸与事業」始まる2014年2月18日08時00分

 岡山市は総合特区最先端介護機器貸与事業を開始し、 1月6日より利用者からの受付をはじめた。

 対象品目はメンタルコミットロボット 「パロ」、 要介護者の就床中の心拍数、 呼吸数、 離床の有無がインターネット上で分かる 「おだやかタイム」、 空気圧でゴム人工筋を取り入れ握力をサポートする 「パワーアシスト」 の3品。

 機器貸与の対象となる介護度は、 「パロ」 と 「おだやかタイム」 が要介護1~5、 「パワーアシストグローブ」 が要支援1~要介護5。 レンタル料金 (利用者1割負担分) は月額で、 「パロ」 3,000円、 「おだやかタイム」 1,780円、 「パワーアシストグローブ」 1,700円。 残り9割は岡山市が支払う。

 1月20日現在の貸与実績は3品合わせて約20件。 岡山市は各機器とも、 年間400~1,200台の利用を見込んでいる。 利用するには、 利用者が直接メーカーに問合せをし、 メーカーが希望者宅を訪問、 ふさわしいかどうかを調査する。 貸与が決まると利用者が申請書をメーカーに提出し、 毎月1日から貸与を開始するという流れ。

 介護保険外事業のため、 貸与にあたってはレンタル事業者 (専門相談員)、 ケアマネジャーは関与しない。 ただ貸与が決まった段階でメーカーからケアマネジャーに対してその情報を提供する。

 貸与後メーカーは毎月1度利用者宅を訪問し、 使用状況や効果を調べ、 市に報告。 岡山市はそのデータを集積、 分析し、 今年の7月頃に国に報告する。 報告も参考にしながら今後、 介護保険の対象となるかどうかが検討される。

 岡山市では3品目に加え、 来年度にはさらに2品目ほど追加したい意向。

<対象3品目紹介>

ダイヤ工業  「パワーアシストグローブ」0212daiya.jpg

 手袋の要領で手にはめ、 ボタンを押すことで 「握る (掴む)」、 もう一度押すことで 「離す (弛める)」 の動作ができるグローブ。 操作もオン・オフだけで簡単。 手袋も装着しやすいように、大きく開口するファスナー式とした。操作ボタンには面テープが付いており、 手の平につければ、 机や壁などに押し付けることで、 自身でも簡単に使いこなすことができる。

 構造は、 甲から指先に向かって伸びる4本チューブ内の空気圧を調整することで、 人工筋の役割をもたせたもの。 安全性の高い二酸化炭素ボンベ (200cc) を使用し、 1本で約100回の操作ができる。 岡山大学大学院自然科学研究科の則次俊郎教授とダイヤ工業により2011年に製品化された。

 使用者の想定は頸髄損傷者 (C5~6レベル) で、 掴む動作が難しい人。 ペンを握ったり、 ペットボトルを掴む程度の握力が得られる。

 問合せ☎0120・01・1245

 

イーシーエス 「おだやかタイム」0212ecs.jpg

 心拍数、 呼吸数、 体動を自動取得できる遠隔見守りシステム。 インターネット環境を通じてパソコンやスマートフォンと連動でき、 情報通知やバイタル情報の管理・記録などが可能で、 介護の負担軽減や効率化が図れる。 構成は①ベッドマットレスの下に設置するセンサーマット②インターネットに接続するコントロールボックス――など。 特性を活かしてクラウド上にデータ集約することもできるので、 地域の医療・介護の情報基盤としても期待されている。

 介護の効率化では、 利用者の睡眠状態や離床時間データなどを蓄積し、 夜間目覚めやすい時間帯の傾向を絞り込んで、 ケアを提供できる。

 岡山市の特区での運用では、 機器導入にあたって、 同社スタッフが希望者宅を訪問し本人や家族のニーズと期待される製品導入効果の適合を重点的に把握することとしている。

 問合せ☎0566・63・2720

 

大和ハウス工業 「パロ」0212daiwa.jpg

 本体に内蔵されたセンサーと人工知能が、 呼びかけ方や触れ方に対し、 人間の五感を刺激する豊かな感情表現や動物らしい行動で反応を返す。①元気づけ、 動機づけの心理的効果②ストレスを軽減し、 血圧や脈拍を安定化させる生理的効果③話題づくりの媒介としてコミュニケーションを活性化する社会的効果――が期待でき、 介護現場では認知症の症状緩和として注目を集めている。

 海外も含めて約3,000体が導入。 アメリカでは医療機器として、 自閉症の子どもや認知症高齢者へのセラピーに高い評価を得ている。国内では神奈川県が、「パロハンドラー」 の育成を昨年度より実施。 パロを適切に活用しケアに活かすための研修会を毎月1回開き、 修了者が所属する事業所へ一定期間の無償貸出も行っている。

 従来のアニマルセラピーと異なり、 アレルギーや噛みつき・ひっかき、 感染症などの心配がないため、1人暮らしの在宅でも安心して利用できる。全長57cm、 重量2.7kg。

 問合せ☎0120・934・576

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール