ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政東京都品川区 要介護度改善に成功報酬導入2013年3月28日09時07分

 東京都品川区は、13年度から区内の高齢者施設で入所者の要介護度が改善された場合、要介護度1ランクにつき、ひと月ごとに2万円の奨励金を交付する制度を導入する。現行の介護報酬では、事業者が質の高いケアを行い、入所者の要介護度が改善された場合、報酬が低くなってしまう仕組みになっている。同区の取り組みは、事業者に成功報酬を支払うことで、介護スタッフのモチベーションを引き上げ、入居者が最善のケアを受けられる環境を整えるのが狙い。

 対象となるのは、「品川区施設サービス向上研究会」に参加する特養や老健など10施設。評価は前年度に要介護度が改善したケースを対象にする。例えば、13年4月1日を基準日とした場合、12年4月1日時点で要介護4だった人が、同年5月1日に要介護2と認定され、13年3月31日まで要介護度を維持した場合、要介護度は2ランク、期間は11カ月改善したことになるので44万円の奨励金が交付される。

 単年度事業で事業予算は662万4000円。同区高齢者福祉課の原明彦課長は「今回の取り組みは、介護サービスの質を高めるための介護報酬への課題提起。少なくとも2年間は実施したい」と話している。

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール