ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政6カ月経過のEPA候補者 配置基準の対象に2013年3月13日11時44分

 厚生労働省は1月29日、受入れ施設での就労開始日から6カ月を経過したEPA介護福祉士候補者または日本語能力試験N2以上を保有している候補者について、職員の基本の配置基準の対象に加える方針を示し、意見募集(パブリックコメント)を開始した。

 例えば、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設での職員:利用者=1:3の基準、夜勤の基本の配置基準の算定対象に加えるもので、2月27日まで意見を募集した上で、3月上旬の告示、4月1日の適用を予定している。

 2012年4月から、就労開始日から1年を経過した候補者またはN2以上を保有している候補者は、夜勤に係る介護報酬の加算及び昼間のユニット単位での配置基準等、一部の配置基準の算定対象に含めることになっている。

  • EPA.jpg
  • EPA候補者の配置基準上の取り扱い

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール