ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政厚生労働省の主な事務連絡続報【介護職員関係】2011年5月18日12時43分

 

○国師19職種は始業時期遅れでも受験資格

  (4月5日、医政局等、文部科学省)

看護師など医療関係職種の学校養成所が始業時期を遅らせた場合であっても、学生が必要な単位を修得すれば、国家試験の受験資格を認める。対象職種は、保健師、助産師、看護師、准看護師、歯科衛生士、診療放射線技師、歯科技工士、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師。

○3福祉士も始業時期遅れでも受験資格

 (4月8日、社会・援護局福祉基盤課等、文部科学省)

社会福祉士や介護福祉士、精神保健福祉士の養成施設が始業時期を遅らせても、必要な単位を修得すれば国家試験の受験資格や登録資格を認める。

○介護職員等の派遣に係る費用の取扱いについて

 (4月15日、雇用均等・児童家庭局総務課等)

社会福祉施設等に派遣された介護職員等の人件費については、派遣要請施設が介護サービス費等から支払うこと、旅費及び宿泊費(実費)は災害救助費から支弁される。福祉避難所への介護職員等の派遣に要する人件費(実費)は、概ね要援護者10人につき1人の相談等にあたる介助員等の配置に要する経費として災害救助費から支弁される(旅費及び宿泊費も同様)、介助員等の配置数は柔軟な対応が可能、支弁対象の避難所は指定された福祉避難所に限らず、当該要援護者が避難している場合も福祉避難所として扱う。

(2011年5月10日号)

前へ / 次へ

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール