ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政介護現場の生産性向上ガイドラインが完成2019年3月12日19時00分

190312表紙.jpg

 厚生労働省は介護現場の生産性向上ガイドラインを作成した。介護事業者が業務改善の取り組みを行う手順やモデル事業所の事例などをまとめている。ガイドラインの正式名称は「介護サービス事業における生産性向上に資するガイドライン」。居宅サービス版、施設サービス版、医療系サービス版の3種類がある。

生産性向上=「介護の価値を高めること」

 居宅サービス版ガイドラインでは、介護サービスにおける生産性向上について「介護の価値を高めること」と定義。さらに生産性向上に取り組む意義として、▽人材育成▽チームケアの質の向上▽情報共有の効率化――の3点を位置づけている。事業者が生産性向上に取り組むことで、介護サービスの質の向上や人材の定着・確保を目指す。

 またガイドラインでは、生産性向上に向けた「改善活動」の手順とポイントを整理(下表)。例えば、現場の課題を見える化するためには、業務時間調査で業務を定量的に把握することなどが必要としている。業務時間を把握する調査票の様式など、支援ツールもまとめた。実際に改善活動に取り組んだモデル事業所の事例も掲載。業務時間調査を実施したグループホームでは、ムリ・ムダ・ムラを洗い出し、利用者とのコミュニケーションのための時間が取り組み前の5倍を確保できるになったケースなどが紹介されている。各ガイドラインは近日中に厚生労働省のホームページで公開中。民間の業界団体などを通じて現場での活用を促す。

無題.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール