ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政厚労省 ハンドル型電動車いす 事故防止対策を周知2017年5月16日07時05分

 厚生労働省は3月31日、昨年7月の消費者安全調査委員会の意見を受けて、都道府県等の介護保険主管部長や福祉用具関係団体などに、ハンドル型電動車いすの事故防止対策を周知するよう通知した。

 ①要介護者等が踏切の横断で使用することが想定される場合の事前説明▽充電の残量を常時確認▽踏切の手前では一時停止と左右の安全確認▽線路に直角に進行▽脱輪の恐れがあり踏切の端に寄り過ぎない▽段差の通過は勢いをつけず安全な速度で進行。②登降坂性能を超える急坂での使用が想定される場合、警告機能を有するものを選定する。③周囲へ緊急事態を知らせる方法▽踏切の横断で脱輪して動けなくなった場合には、ハンドル型電動車いすの警音器又は周囲の協力を得て非常押しボタンを使用する▽急坂、畦道、段差等の走行で、バランスを崩し動けなくなった場合には、ハンドル型電動車いすの警音器を使用して周囲に緊急事態を知らせるなど、使用方法の指導を行う。

 ハンドル型電動車いすの死亡・重傷事故は1998年から2014年までに51件発生している。

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール