ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政杉並区 タブレット導入費を補助 訪問系へモデル事業2016年3月22日07時05分

 東京都杉並区は来年度から、訪問系サービス事業所がタブレット端末などを導入する費用の一部を助成するモデル事業を始める。「ICT機器導入モデル事業」として、予算規模はおよそ350万円を見込む。助成対象は①定期巡回・随時対応型訪問介護看護②夜間対応型訪問介護③訪問看護(緊急時訪問看護加算の算定が要件)――の3サービス。訪問系事業所の記録作成など間接業務の効率化を図るタブレット端末や専用ソフトの利用料金、通信費、モバイルプリンタなどの助成を想定しているという。

 同区の16年度予算案に位置付けた「介護イノベーションの支援」の1事業。予算成立後に具体的な要綱などをまとめる。2年間のモデル事業で、現時点では5事業所程度の実施を見込む。同区は「効果を見極めたい」としている。そのほか「介護イノベーションの支援」では、介護ロボット導入支援事業、求人広告経費助成事業など、全体で3,100万円の予算を計上した。

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール