ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政神奈川県 生活支援ロボのモニター募集2015年11月24日08時05分

服薬支援ロボなど9種類

 神奈川県は9月3日より、県内の介護・福祉・医療施設を対象に、生活支援ロボットのモニターを募集している。初期投資のリスクや、ロボットの使い方に不安を感じている介護現場等が、事前にロボットを試す機会を作り、普及促進をはかる。

000006.jpg 対象となるロボットは①「服薬支援ロボ」(ケアボット)②「うなずきかぼちゃん」(ピップ&ウィズ)③「パロ」(大和ハウス工業)④「コミューン」(大和ハウス工業)⑤「センサープラスと非接触バイタル生体感知センサー」(ミオ・コーポレーション)⑥「パワーアシストハンド」(エルエーピー)⑦「TANO楽」(ラッキーソフト)⑧「りーだぶる」(ダブル技研)⑨「ロボットアシストウォーカーRT.1」(RT.ワークス)――の9種類。

 服薬支援ロボは音声案内で薬の飲み忘れや飲みすぎ、飲み間違えを防止する支援ロボット。1日4回までの薬を1週間分セットできる。

 コミューンは聴こえの衰えた人とのコミュニケーションをサポートする会話支援機器。老人性難聴や軽度・中等度難聴者が補聴器を装着せずに会話を楽しめる。

また、りーだぶるは身体的な理由で本のページをめくるのが困難な人でも、リモコンや音声等で自動ページめくりが行える支援機器。文庫本からA4サイズの本まで読むことができる。

 モニター期間は1カ月、費用は無料。①②⑦⑧⑨はモニター期間終了後にメーカーが実施するアンケートに協力することが要件。②のみ開始前にもアンケートが必要。

 モニター募集期間は15年9月3日(木)~16年1月29日(金)。募集対象は神奈川県内の介護・福祉・医療施設で、①②⑥⑧⑨については県内在住の個人でも申込可能。

 応募方法は同県ホームページの応募フォーム(https://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=2000001446&check)又はFAX(045・210・8871)にて。ロボットの個数に限りがあるため、応募多数の場合は抽選となる。

 モニターの流れはモニター決定通知後、メーカーがロボットを持参又は配達。モニター期間終了後はメーカーが定める方法で返却(返却費はモニター負担)。モニターに際しては県又はメーカーの簡単なアンケートがある。

 問合せは神奈川県産業労働局産業部産業振興課(☎045・210・5630または☎045・210・5650)まで。

 

  対象ロボット名 企業名 特徴 要件等
服薬支援ロボ ケアボット 音声案内で薬の飲み忘れや飲みすぎ、飲み間違えを防止する支援ロボット。
1日4回までの薬を1週間分セット可能。
個人申込可能。
モニター期間終了後、メーカー実施のアンケート協力が必要。
うなずきかぼちゃん ピップ&ウィズ 話を聞いてうなずいたり、季節にあった会話
ができるコミュニケーションロボット。コミュニケーションを深めることで、発する言葉も増える。
個人申込可能。
モニター開始前と終了後にメーカー実施のアンケート協力が必要。
パロ 大和ハウス工業 アザラシ型のコミュニケーションロボット。触ると本物の動物のように鳴いたり、
動いたりすることで人の心を元気づけて穏やかにする。
-
コミューン 大和ハウス工業 聴こえの衰えた人とのコミュニケーションを
サポートする会話支援機器。老人性難聴や軽度・中等度難聴者が補聴器を装着せずに会話を楽しめる。
-
センサープラスと非接触バイタル生体感知センサー ミオ・コーポレーション 非接触のバイタルセンサーを用いた見守り機器。脈拍、呼吸、体の動きを検知する。バイタルセンサーとセンサープラスをセットで部屋のナースコール端末に接続することで異常時には自動的にナースコールできる。 センサープラスは部屋のナースコール端末に接続するための簡単な工事が必要。
パワーアシストハンド エルエーピー 麻痺した手の曲げ伸ばしを補助する機器。空気圧によって手を握ったり開いたりする動作を安全にサポート。 個人申込可能。
TANO楽 ラッキーソフト 運動や脳トレを大勢で行える福祉レクリエーション支援システム。声で楽しむゲームや魚釣り、登山の疑似体験などゲームは40種類以上。 モニター期間終了後、メーカー実施のアンケート協力が必要。
りーだぶる ダブル技研 身体的な理由で本のページをめくるのが困難な人でも、リモコンや音声等で自動ページめくりが行える支援機器。文庫本からA4サイズの本まで読むことができる。 個人申込可能。
モニター期間終了後、メーカー実施のアンケート協力が必要。
ロボットアシストウォーカーRT.1 RT.ワークス 人感センサーと環境センサーで自動制御する歩行支援機器。人の動きや傾斜等を感知して歩行を電動でアシストし、坂道でも安全・快適に上り下りできる。また、ネットワークサービス機能により見守りも可能。 個人申込可能。
モニター期間終了後、メーカー実施のアンケート協力が必要。

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール