ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政【速報】認知症対応型共同生活介護 2012年度 介護報酬改定単価2012年1月25日12時10分

〇認知症対応共同生活介護における基本サービス費の見直し

 認知症対応型共同生活介護については、介護保険制度開始当初は、利用者の平均要介護度が比較的軽度であったが、利用者の平均要介護度の高まりへの対応を強化する観点から、フラット型となっている現行の要介護度別の基本報酬体系を見直す。

 併せて、ユニット数別の報酬設定による適正化を図ることとし、1ユニットの事業所については「認知症対応型共同生活介護費(Ⅰ)」及び「短期利用共同生活介護(Ⅰ)」とし、2ユニット以上の事業所については「認知症対応型共同生活介護費(Ⅱ)」及び「短期利用共同生活介護費(Ⅱ)」としてそれぞれ報酬を設定する。

〇単位

 

(現行)   (報酬改定後)
認知症対応型共同生活介護費   認知症対応型共同生活介護費(Ⅰ)
要介護1  831単位/日   要介護1  802単位/日
要介護2   848単位/日   要介護2   840単位/日
要介護3 865単位/日   要介護3 865単位/日
要介護4    882単位/日   要介護4    882単位/日
要介護5  900単位/日   要介護5  900単位/日
       
      認知症対応型共同生活介護費(Ⅱ)
      要介護1               789単位/日
      要介護2               827単位/日
      要介護3                852単位/日
      要介護4               869単位/日
      要介護5             886単位/日 
         
短期利用共同生活介護費   短期利用共同生活介護費(Ⅰ)
要介護1 861単位/日    要介護1 832単位/日 
要介護2 878単位/日    要介護2 870単位/日 
要介護3  895単位/日    要介護3  895単位/日 
要介護4  912単位/日    要介護4  912単位/日
要介護5    930単位/日    要介護5    930単位/日
       
      短期利用共同生活介護費(Ⅱ)
      要介護1 819単位/日 
      要介護2 857単位/日 
      要介護3  882単位/日 
      要介護4  899単位/日
      要介護5    916単位/日

〇看取り介護加算の見直し 

認知症対応型共同生活介護利用者に対し看取りに関するケアの体制強化を図るため、報酬の見直しを行う。

(現行) 

看取り介護加算 80単位/日

(改定後)

80単位/日(死亡日以前4~30日)

680単位/日(死亡日の前日及び前々日)

1280単位/日(死亡日)

---------------------------------------------------------------------------------- 

※算定要件

次の基準を満たす入居者に対する看取り対応を実施した場合、1か月30日を上限として加算する。

・医師が医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断した者

・利用者又は家族等の同意を得て、利用者の介護にかかる計画が作成されていること。

・医師、看護師(当該指定認知症対応型共同生活介護事業所の職員又は当該指定認知症対応型共同生活介護事業所の近隣の病院、診療もしくは訪問看護ステーションの職員である場合に限る。)、介護職員等が共同して、利用者の状態や家族の求めに応じて説明を行い、同意を得て、介護が行われていること。

・医療連携体制加算対象事業所であること。

(注)短期利用共同生活介護費を算定している場合、当該加算は算定しない。

---------------------------------------------------------------------------------- 

 

〇夜間の安全確保の強化

 夜間における利用者の安全確保を強化する観点から、1ユニットのグループホームに複数の夜勤職員の配置が可能となるよう夜間ケア加算の見直しを行う。

(改定介護報酬)

(現行)  

夜間ケア加算 25単位

(改定後)

(1ユニット)  夜間ケア加算Ⅰ 50単位

(2ユニット以上)夜間ケア加算Ⅱ 25単位

---------------------------------------------------------------------------------- 

※算定要件

夜間及び深夜の時間帯を通じて介護職員を1ユニット1名配置することに加えて、夜勤を行う介護職員を1名以上配置すること。

---------------------------------------------------------------------------------- 

 

〇在宅支援機能の強化

在宅支援機能の強化を図る観点から、短期利用共同生活介護の事業実施要件として設定されている「事業所開設後3年以上」の規定の緩和を行う。

---------------------------------------------------------------------------------- 

※算定要件(変更点のみ)

・認知症対応型共同生活介護の事業者が介護保険法の各サービスのいずれかの指定を初めて受けた日から3年以上経過していること。

---------------------------------------------------------------------------------- 

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール