ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政【2/23・担当課長会議】福祉用具サービス2012年2月24日17時38分

 厚生労働省は2月23日、都道府県や政令指定都市などの担当者を集め、「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」を開催、介護報酬改定や介護保険行政運営における留意点などについて説明を行った。 

▽福祉用具貸与の介護給付費明細書への記載コード

 現状、福祉用具貸与の介護保険請求時に介護給付費明細書に記載するコードは、TAISコードまたはJANコードを基本とし、いずれもない場合は事業者が任意で付けたコードを記載することとしている。

 今後、レンタル価格を含む介護給付費通知を全保険者へ普及させるため、給付適正化を一層推進することとなり、これに関連して、介護給付費明細書に記載するコードは、TAISコードかJANコードのいずれかであるべきとし、どちらも有しない福祉用具に限って、例外として任意のコードを認めることとする。

▽福祉用具サービス計画の様式

 4月から福祉用具貸与/販売事業者に義務付けられる福祉用具サービス計画の様式は、各事業所ごとに定めるものでよいとし、全国福祉用具専門相談員協会の「福祉用具個別援助計画書」等を参考とするよう勧めた。

<Care-news.jp ケアニュース>

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール